ニュース
» 2014年08月27日 07時24分 UPDATE

韓国で2700万人の個人情報が流出、容疑者16人を逮捕

24歳の容疑者はオンラインゲームで知り合った中国人ハッカーから情報を入手して他人のゲームアカウントへの不正侵入を繰り返していたとされる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 韓国で人口の約70%に当たる2700万人の個人情報が流出する事件があり、情報を不正利用して利益を上げていたとして16人が逮捕された。

 セキュリティ企業SophosのブログやKaspersky Labのニュースサービスthreatpostが現地からの報道を引用して伝えたところによると、この事件では15〜65歳の2700万人の個人情報2億2000件が流出し、全羅南道の警察が16人を逮捕した。

 このうち24歳の容疑者は、2011年にオンラインゲームで知り合った中国人ハッカーから2億2000件の情報を入手したとされる。このハッカーは、ゲームやチケット販売などのWebサイトから、登録ユーザーの氏名や住民登録番号、パスワードなどを盗み出していたという。

 容疑者はこの情報を使って他人のゲームアカウントへの不正侵入を繰り返し、ゲーム内通貨を盗んで換金。4億ウォン(約4000万円)を稼いで一部を中国人ハッカーに渡していたとされる。

 さらに個人情報の転売でも利益を上げていたとされ、警察は転売された情報を使った詐欺などの被害額を20億ウォン(約2億円)と推定している。

 韓国では2011年にインターネット大手SK Communications傘下のWebサイトから3500万人の個人情報が流出するなど、過去にも大規模な情報流出事件が起きていた。

関連キーワード

情報流出 | 不正 | 韓国


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -