ニュース
» 2014年11月11日 07時41分 UPDATE

iOSの正規アプリをマルウェアに置き換えられる脆弱性、セキュリティ企業が報告

FireEyeは、App Storeから入手した正規アプリをマルウェアに置き換えることができる脆弱性を見つけたと発表した。

[鈴木聖子,ITmedia]
iosappatk01.jpg FireEyeが公開した不正アプリに置き換える攻撃のデモ

 セキュリティ企業のFireEyeは11月10日、iOS端末にインストールされた正規アプリをマルウェアに置き換えることができてしまう脆弱性を見つけたと発表した。既に一部のマルウェアで悪用され始めているといい、無線ネットワークやUSB経由で攻撃を仕掛けられる恐れがあると警告している。

 同社によると、この攻撃では「エンタープライズ/AdHocプロビジョニング」を使ってインストールしたアプリを、App Storeから入手した別の正規アプリに置き換えることが可能。iOSのプレインストールアプリを除く全てのアプリを置き換えることができるという。同社はこの攻撃を「Masque Attack」(マスク攻撃)と命名している。

 脆弱性は、iOSで同じバンドル識別子(Bundle Identifier)を持つアプリに対して証明書の照合が行われないことに起因する。FireEyeはiOS 7.1.1、7.1.2、8.0、8.1、8.1.1 βで脱獄版、非脱獄版の両方にこの脆弱性の存在を確認し、7月26日にAppleに通報したという。

 この問題を悪用すれば、銀行アプリや電子メールアプリなどの正規アプリがマルウェアに置き換えられ、銀行の口座情報や電子メールのキャッシュ、ユーザーのアカウントへのログイントークンなどが盗まれる恐れがある。しかも、アプリが置き換えられた時点でローカルに残されている元のアプリのデータは削除されず、マルウェアからこのデータにアクセスすることも可能だという。

 FireEyeは実際に「com.google.Gmail」というバンドル識別子を持ったアプリを作成して「New Flappy Bird」という名称を付け、エンタープライズ証明書を使って署名。このアプリをWebサイトからインストールすると、Gmailアプリに置き換えられることを実証した。平文でローカルにキャッシュが保存されていたメールをリモートのサーバにアップロードすることも可能だとしている。

 iOSを巡っては、非脱獄版のiOSにも感染できるマルウェア「WireLurker」が最近になって発見されているが、FireEyeではWireLurkerがUSB経由で限定的なマスク攻撃を仕掛けていることを確認したという。セキュリティ企業がまだ見つけていない攻撃が発生している可能性もあると同社は警告する。

 マスク攻撃は端末をコンピュータに接続しなくても、全てワイヤレスで実行できるといい、FireEyeではユーザーに対し、AppleのApp Storeや勤務先以外のサードパーティーのWebサイトからアプリをインストールしないよう呼び掛けている。

関連キーワード

iOS | FireEye | 脆弱性 | Apple | App Store


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -