ニュース
» 2014年11月12日 07時43分 UPDATE

Adobe、Flash Playerのセキュリティアップデートを公開

Flash Playerの深刻な脆弱性が多数修正された。特にWindows版とMac版については、直ちにアップデートの適用を促している。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月11日、Flash PlayerのセキュリティアップデートをWindows、Mac、Linux向けに公開し、多数の深刻な脆弱性を修正した。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートではメモリ破損や解放後使用などの深刻な脆弱性が多数修正された。悪用された場合、攻撃者にシステムを制御される恐れがある。

 特にWindows版とMac版については、直ちにアップデートの適用を促す優先度「1」に指定された。これは既に攻撃が発生しているか、発生する可能性が高いことを示している。

 脆弱性を修正した更新版は、WindowsとMac向けがバージョン15.0.0.223、延長サポート版は13.0.0.252、Linux向けは11.2.202.418となる。Google ChromeとMicrosoftのInternet Explorer(Windows 8.x向け)にバンドルされたFlash Playerは自動的に最新版に更新される。

 また、Adobe AIR、AIR SDK、AIR for Androidもバージョン15.0.0.356に更新された。

adbfp01.jpg Flash Playerでもセキュリティ更新

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -