ニュース
» 2015年02月05日 08時28分 UPDATE

Appleが“ストリートビュー”を準備中? サンフランシスコでカメラ搭載自動車目撃情報

多数のカメラやセンサーを搭載したミニバンがサンフランシスコで目撃され、米CBSがこの車両のリース先がAppleであることを確認した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは米GoogleのGoogleマップの特徴である「ストリートビュー」に対抗する機能を準備中かもしれない──。Appleがリースしたという多数のカメラと赤外線センサーを搭載した自動車が、米カリフォルニア州サンフランシスコで目撃された。

 地元メディアの米Claycordが2月3日(現地時間)に写真を掲載し、米CBSがサンフランシスコの車両関連当局にこの車両のリース先がAppleであることを確認した。

 applestreet Claycordに掲載された写真

 同じような車両は昨年9月にニューヨークでも目撃され、その動画がYouTubeに掲載された。


 この車両は米Dodgeのミニバンで、ルーフにカメラと「LiDAR(Light Detection And Ranging)」センサーを搭載している。LiDARはレーザー光線を使って地表データを収集するリモートセンシング技術で、同じタイプのセンサーはGoogleの自動運転カーやフィンランドNokiaが地図サービス「HERE」のために使っている車両にも装備されている。

 CBSはAppleが自動運転カーを開発しているのではないかと推測しているが、米AppleInsiderはAppleが当局に公道での自動運転カーテストの申請を出していないことから、その可能性は低いとしている。

 Googleは2007年にGoogleマップの機能としてストリートビューを発表した。AppleはiOS端末の立ち上げ当初はモバイル地図サービスとしてGoogleマップを採用していたが、2012年のiOS 6から独自マップの提供を開始した。立ち上げ段階では問題も多かったが、iOS 8版では3D鳥瞰画像なども可能な高機能サービスに成長している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -