ニュース
» 2015年04月24日 13時14分 UPDATE

モバイル広告、2014年の米インターネット広告総売上の25%に

IABが毎年発表する米インターネット広告調査によると、2014年の総売上高は過去最高の495億ドルで、フォーマット別で最も多かったのは検索広告。モバイル広告は前年比76%増となり、全体の25%を占めた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米ネット広告団体Interactive Advertising Bureau(IAB)と米コンサルティング企業PricewaterhouseCoopersは4月23日(現地時間)、米国における2014年のインターネット広告に関する調査結果を発表した。

 2014年のインターネット広告全体の売り上げは、前年比16%増の495億ドルで、過去最高を更新した。5年連続で2桁台の成長を続けている。

 モバイル広告の売上高は前年比76%増の125億ドルで、売り上げ全体に占める割合が8ポイント増え、25%となった。

 iab 1 売上高推移(濃い赤がモバイル。資料:IAB Internet Advertising Revenue Report)

 それでも広告フォーマット別で最もシェアが高いのは依然として検索広告で、38%だった。モバイル広告が2位で、バナー広告、動画広告と続く。

 また、モバイル広告の内訳ではディスプレイ広告が49%、検索広告が48%だった。

 iab 2 広告フォーマット別シェア(資料:IAB Internet Advertising Revenue Report)

 Facebookが注力している動画広告も17%と2桁台の伸びだが、33億ドルで、まだ全体の7%にすぎない。

 詳しいリポートはこちら(リンク先はPDF)で参照できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -