ニュース
» 2015年05月18日 14時16分 UPDATE

JAXA、30メートルメッシュの全世界標高データを無償公開 「だいち」の観測画像活用、「世界最高水準」

「だいち」による観測画像を使って整備した、全世界の陸地の起伏を水平方向30メートルの細かさで表現できる標高データセットをJAXAが無償公開した。

[ITmedia]
画像

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による観測画像を使って整備した、全世界の陸地の起伏を水平方向30メートルの細かさで表現できる標高データセット(30メートルメッシュ版)の無償公開を始めた。

画像 当初の公開エリア
画像 公開データの例

 30メートルメッシュ版として高さ・精度も世界最高水準という。まず日本を含む東アジア、東南アジア域から公開を開始し、順次、全世界の陸地(緯度82度以内)に拡大する。

 全世界規模で整備される標高データセットとして世界最高精度の「全世界デジタル3D地形データ」(5メートルメッシュ版)をベースに作成した。科学研究分野や教育、地理空間情報を活用した民間サービスなどでの利用を期待している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -