ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2015年05月29日 14時07分 UPDATE

人種、性別……人から偏見を減らす方法が見つかる? カギは「眠りと音」 米研究

音と睡眠を組み合わせることで、人が持つ人種や性別についての隠れた偏見を減らすことができたという研究を米大学が発表した。

[ITmedia]

 音と睡眠を組み合わせることで、人が持つ人種や性別についての隠れた偏見を減らすことができた──こんな研究結果が米科学誌「Science」(5月29日付け)に掲載された。

 研究では、人種と性別(ジェンダー)について抱いている無意識的な偏見について実験。コンピュータを使い、黒人と「心地よい」、女性と「数学」「科学」といった、偏見へのカウンターとなる組み合わせを表示し、その際にボタンを押してもらい、特定の音を鳴らした。

 その上で、被験者に昼寝をしてもらった。睡眠中には眠りを妨げない程度に、偏見へのカウンターと結びつけた音を聴かせた。その結果、被験者の偏見を減らすことができ、その効果は少なくとも1週間持続したという。

 「人が持つ偏見について、継続的な変化をもたらす試みはチャレンジングなものだ。人は長年の社会生活を通じて偏見を持つようになり、これらはマスメディアを通じて補強されている」と、論文を発表した米ノースウェスタン大学の研究者はいう。

 偏見を減らす方法として、偏見へのカウンターを利用する手法は既に研究されており、また睡眠による学習効果も知られている。今回の研究はこれらを効果的に組み合わせたもので、今後は意識的な偏見も減らすことができるのか、さらに研究を続ける考えだ。禁煙治療や恐怖症の克服などの新たな手法にもつながる可能性があるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.