ニュース
2015年07月03日 07時07分 UPDATE

「Windows 10」、7月29日に全ユーザーに届くわけではない(段階的に提供)

Microsoftが「Windows 10」のリリースについて、7月29日にまずプレビューユーザー向けに実施した後、アップグレードを予約したユーザーに提供すると発表した。無償アップグレード対象外の企業向けエディションのダウンロードは8月1日からだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月2日(現地時間)、次期OS「Windows 10」のリリーススケジュールについて説明した。7月29日と発表されているリリース日から“ローリングアウト”(段階的に提供)するので、全ユーザーが同日にWindows 10にアップグレードできるわけではない。

 同社のWindows and Devices Group担当上級副社長、テリー・マイヤーソン氏が、アップグレードをスムーズに行うためにロールアウト方式にしたと公式ブログで説明した。

 まずはWindows Insider Programに参加してテクニカルプレビュー版を利用しているユーザーに29日からローリングアウトし、その後にアップグレードを予約(現行Windowsのタスクバーに表示される白いWindowsロゴから予約を設定)しているユーザーにローリングアウトする。

 ローリングアウトにかかる具体的な日数は明らかにしていない。

 予約ユーザーは、Windows 10のダウンロードの準備ができるとタスクバーの白いWindowsアイコンから下図のような通知が表示される。

 windows 1 「あなたのPCは無料アップグレードできます」

 Windows 7/8.1であっても最新アップデートを適用していないとWindows 10にはアップグレードできない。その場合はアップグレードを可能にするために必要なことを通知するという。

 OEM(DellやLenovoなどのPCメーカー)には“すぐにWindows 10のビルドを提供する”としているので、29日には店頭にWindows 10搭載PCが並びそうだ。

 windows 2 Windows 10にアップグレード可能な製品にはこのステッカーが付く

 パッケージ版のWindows 10もOEMへの提供の“すぐ後”に小売店に配布する。パッケージ版も29日に店頭に並びそうだ。日本でのパッケージ版の小売価格はまだ発表されていない(Q&Aページによると、米国での販売価格はWindows 10 Homeが119.99ドル、Windows 10 Proは199.99ドル、Windows 10 HomeからProへのアップグレードは99.99ドル)。

 現在店頭に並んでいるWindows 8.1搭載端末でWindows 10にアップグレードできる製品には、右図のようなステッカーが貼られるという。

 無償アップグレードの対象外である企業向けの「Windows 10 Enterprise」および「Windows 10 Education」のボリュームライセンスユーザーへのダウンロード提供は8月1日にスタートする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -