ニュース
2015年07月24日 14時22分 UPDATE

NASA、“地球のいとこ”惑星を発見 1400光年先に

地球によく似た“いとこ”のような惑星が1400光年先に見つかったとNASAが発表した。

[ITmedia]

 地球によく似た“いとこ”のような惑星が1400光年先に見つかったと米航空宇宙局(NASA)が発表した。「ハビタブルゾーン」(生命が生存可能な領域)内にあり、水が液体のまま存在している可能性がある。科学者は「第2の地球探しに向けた大きな1歩」としている。

photo 地球(左)と見つかった“いとこ”の比較イメージ NASA/JPL-Caltech/T. Pyle

 惑星は太陽系外惑星を探査する宇宙望遠鏡「ケプラー」がはくちょう座の方向に発見し、「ケプラー452b」と呼ばれている。太陽によく似た恒星(G2型)の周囲を385日で公転し、直径は地球より60%大きく、地球と同様に岩石でできている可能性があるという。

 恒星は誕生から60億年経っており、太陽(45億年)より古く、惑星は地球より長時間ハビタブルゾーン内に存在しているようだ。科学者は“地球の年上のいとこ”と表現している。

photo ケプラー452系と太陽系の比較。惑星452bの公転軌道は地球とほぼ同じだ NASA/JPL-CalTech/R. Hurt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -