ニュース
2015年08月25日 12時32分 UPDATE

Twitter、政治家の削除ツイート開示サービスのAPIを遮断

政治家が一旦投稿したツイートを削除したことをツイートとともに表示するサービス「Politwoops」を世界30カ国で提供しているOpen State Foundatonが、TwitterからAPIを遮断されたと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 政治家が自身でツイートした後削除したツイートを表示するサービス「Politwoops」を世界約30カ国で運営しているOpen State Foundationは8月23日(現地時間)、米TwitterがすべてのPolitwoopsサービスからのAPIへの接続を遮断したと発表した。

 Politwoopsは、2010年にまずオランダでスタートしたサービス。各国の政治家のプロフィールを自動的に監視し、ツイート後そのツイートを削除した政治家がいた場合、そのツイートを公開している。2014年には外交官と大使版の同じサービス「Diplotwoops」も開始した。

 politwoops 英国版のPolitwoops。最後の投稿は3日前だ

 APIの遮断により、現在すべてのPolitwoopsおよびDiplotwoopsの更新が途絶えている。

 なお、Politwoopsの米国版は6月に既にAPIを遮断されている

 Open State Foundationに対し、TwitterはAPI遮断の理由を次のように説明したという。「これは、社内での慎重な討議により、多数の要因に配慮して決定したことです。ツイートが取り消せず、永久に残るとしたらどんなに不安で恐ろしいかを想像してみてください。そんなことはすべてのユーザーにとってあってはならないことです。ツイートを削除するというのはユーザーの意思表明でもあります」。

 Open State Foundationのアリアン・エル・ファシットCEOは発表文で「選挙で選出された政治家が公共の場で発言したことは公記録に当たる。ツイートが削除されたとしても、議会の歴史の一部だ。(中略)政治家の公の発言は誰もが読めなければならない。(削除されたツイートは)スペルミスなどではなく、(削除されたツイートを表示することは)政治家が無断で前言撤回することの独自の洞察なのだ」と語った。

 TwitterがAPIを遮断した国の中には、エジプトとトルコも含まれる。Twitterはかつて、エジプトトルコの政府が国内のインターネットを遮断した際、それでも国民がTwitterを使い続けられるよう尽力したことがあった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -