ニュース
2015年10月02日 15時50分 UPDATE

冥王星の衛星カロンの詳細なカラー写真、NASAが公開

探査機「ニューホライズンズ」がとらえた冥王星最大の衛星カロンの詳細なカラー写真が公開された。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は10月2日、探査機「ニューホライズンズ」がとらえた冥王星の衛星カロンのカラー写真を公開した。これまでで最も解像度が高い写真だという。

photo 巨大な谷が東西を貫く Credits: NASA/JHUAPL/SwRI

 青、赤、赤外光によるデータを合成し、カラーを強調した。東西に走る巨大な谷は長さ1600キロに及び、グレートキャニオンの4倍長く、場所によっては2倍深いという。星の規模と不釣り合いに巨大で、カロンの「複雑で暴力的な」歴史を物語っているという。

 カロンは冥王星最大の衛星で、直径1200キロ。主星である冥王星に対する質量が大きく、冥王星に天体が衝突(ジャイアントインパクト)したことで誕生したという見方もある。

photo 冥王星とカロンの大きさ比較した画像。冥王星の対してとても大きく、同じく大きい地球の月と同様、ジャイアントインパクトで誕生したという説がある Credits: NASA/JHUAPL/SwRI

 ニューホライズンズは7月の最接近時に観測したデータの送信を現在も続けており、カロンの写真は9月21日に送信された。全てのデータを送信するまでには来年までかかる。現在は地球から50億キロ離れたところを飛行中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -