ニュース
2015年10月07日 18時20分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2015:幕張メッセで江戸時代にタイムトリップ? 眼鏡型端末で「スマートツーリズム」を体験

近畿日本ツーリストが「CEATEC JAPAN 2015」に初出展。スマートグラスを活用して現存しない歴史的建造物を再現する「スマートツーリズム」を紹介している。

[片渕陽平,ITmedia]

 近畿日本ツーリストが「CEATEC JAPAN 2015」(10月7〜10日、千葉・幕張メッセ)に初出展した。エプソンのスマートグラス「MOVERIO」(モベリオ)を使い、古墳や江戸時代の光景を再現した3D映像を楽しむ「スマートツーリズム」を疑似体験できる。

photo スマートツーリズムを疑似体験
photo MOVERIO

 内蔵のGPS機能でユーザーの位置情報を把握し、現実の風景に重なるように、江戸時代や古墳時代の現存しない建造物の再現映像をスマートグラスに投影する。メガネをかけたまま頭を動かすと、見ている方向に合わせて映像が360度リアルタイムで変化する。

photo 日本橋、江戸城のイメージ

 実験を重ね、今年2月に初めて商品化に成功した。会場では、実際に観光客向けに提供している「江戸城天守閣と日本橋」「福岡城史跡めぐり」の2コースと、「石舞台古墳」(奈良・明日香村)の映像を体験できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -