ニュース
2015年11月20日 16時00分 UPDATE

DeNA、横浜スタジアム運営会社を買収へ 球団と一体経営で「より市民に愛される球場を」

横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアム運営会社の子会社化を目指すTOBの実施を発表。

[ITmedia]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は11月20日、子会社でプロ野球団を運営する横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアム運営会社の子会社化を目指し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買収総額は98億4000万円。球団と球場の経営を一体化し、効果的な設備投資や事業運営を迅速に行えるようにするのが狙い。

photo 横浜DeNAベイスターズのWebサイトより

 運営会社「横浜スタジアム」は、横浜DeNAベイスターズのほか、テレビ朝日、TBS、フジテレビの民放3社と横浜市が株式を5.75%ずつ保有している。TOBは24日から来年1月20日まで実施。買い付け数に上限を設けず、過半数以上の株式を取得して子会社化する。運営会社はTOBに賛同しているという。

photo 収容人数は3万人=横浜スタジアムのサイトより

 DeNAは2012年シーズンからプロ野球に参入。観客動員数の拡大に力を入れており、今季の主催試合は181万人を動員。参入以前の11年シーズンから約65%増加している。運営会社との一体経営で迅速な運営が可能になり、「より横浜市民に愛される球場を構築できる」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -