ニュース
2015年11月29日 09時04分 UPDATE

知育玩具のVTechに不正アクセス、約20万人の子供の個人情報が流出

知育玩具メーカーVTechに11月初旬に不正アクセスがあり、約5万人の保護者と20万人以上のその子どもの個人情報が流出したと米Motherboardが報じ、VTechもこれを認める声明文を発表した。クレジットカード情報は含まれていないが、住所や子どもの誕生日が特定できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国の知育玩具メーカーVTechのサーバに11月初旬に不正アクセスがあり、約5万人の保護者と20万人以上の子供の個人情報が流出したと、米メディアMotherboardのロレンゾ・フランチェスキ-ビキエライ記者が11月27日(現地時間)、セキュリティ専門家のトロイ・ハント氏との共同調査に基いて報じた。VTechもこの報道の後、声明を出した。

 クレジットカード情報は含まれていないが、盗まれたデータから、子どもの性別、誕生日、住所などを特定できるという。

 VTechの声明文は、情報流出は認めているものの、影響を受けたユーザーの数やパスワードのデータが暗号化されていなかったことなどは開示していない。

 ビキエライ氏が不正アクセスを行ったハッカーから流出データを入手し、ハント氏がこれを解析した。ハント氏によると、VTechのログインプロセスは暗号化されておらず、ユーザー名、パスワード、住所などの入力ページがSSLではない標準HTTPプロトコルになっている。また、子どものパスワードはプレーンテキストで、保護者のパスワードは非常に弱い暗号化でサーバに保存されていたという。

 これらのパスワードは、Wi-Fi接続の玩具に「Learning Lodge」アプリストアから追加の教材をダウンロードするためのものだ。

 vtech 1 VTechのLearning Lodge
 vtech 2 サインアップ画面

 VTechの玩具は日本でも販売されており、このアプリストアには日本からもアクセス・ダウンロードできるようになっている。

 VTechのFAQページによると、影響を受けたデータベースには、米、カナダ、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、スペイン、ベルギー、オランダ、デンマーク、ルクセンブルグ、中南米、香港、中国、オーストラリア、ニュージーランドの顧客データが含まれていたという。

 ビキエライ氏は「ハッカーは今回、データを販売してもうけるつもりはないようだが、VTechは次回(の情報流出)はこれほど幸運ではないだろう」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -