ニュース
2015年12月03日 19時19分 UPDATE

はやぶさ2、地球に最接近 目的地「Ryugu」へ

小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日午後7時8分7秒ごろ、地球に最接近。小惑星「Ryugu」へ向かってかじを切った。

[ITmedia]

 小惑星探査機「はやぶさ2」が12月3日午後7時8分7秒ごろ、地球に最接近した。地球の引力を利用して軌道を制御する「スイングバイ」によるもので、はやぶさ2は目的の小惑星「Ryugu」を目指してかじを切った。

photo 最接近直前のはやぶさ2のシミュレーション=JAXAサイトより
photo 最接近時のシミュレーション。地球に対する速度は秒速10.27キロ

 はやぶさ2はちょうど1年前の昨年12月3日に打ち上げられ、地球と似た軌道をたどって太陽の周りを公転していた。

 スイングバイでは3日正午ごろに日本上空を通過。最接近時にはハワイ近くの太平洋上空約3090キロまで近づいた。スイングバイが成功すれば3年後にRyuguに到着する軌道に変わる。

 東京大学木曽観測所は、超広視野カメラを使ったはやぶさ2の観測に成功。動画を公開している。

photo 地球スイングバイのイメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -