ニュース
2015年12月04日 06時34分 UPDATE

Apple、プログラミング言語「Swift 2.0」をオープンソース化し、Swift.orgを開設

Appleが、昨年リリースしたプログラミング言語「Swift」のバージョン2.0を予告通りオープンソースでリリースし、コミュニティーサイト「Swift.org」を開設した。GitHubからコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、パッケージ管理ツールなどをダウンロードできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは12月3日(現地時間)、予告通りプログラミング言語「Swift」のバージョン2.0をオープンソースでリリースした。Apache 2.0ライセンスの下、GitHubで公開されている。

 Mac OS XおよびLinuxで稼働するSwiftのコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリなどの他、パッケージ管理ツール「Swift Package Manager」がリリースされた。

 swift 1 SwiftはGitHubで公開された

 同社はまた、Swiftのコミュニティーのためのポータルサイト「Swift.org」も開設した。告知用の公式ブログ、メーリングリスト、バグ追跡ページなどで構成される。

 swift 1 Swift.orgのメッセージ

 Swiftは、Appleが昨年6月に発表したCocoaおよびCocoa Touch向けに設計された新しいプログラミング言語。iOS(iPhone/iPad)、OS X(Mac)、watchOS(Apple Watch)、tvOS(Apple TV)向けのアプリを開発できる。LinkedIn、Yahoo Weather、Hipmunk、ClearなどのアプリがSwiftで開発されているという。

 現在はサポートするのはAppleのOSとLinuxだけだが、Appleはサードパーティー開発者とともにさらに多くのプラットフォーム(AndroidやWindowsなど)をサポートできるようになることが待ち切れない、としている。

 なお、Appleの公式アプリストアに登録するアプリは、有償のApple Developer Programに登録し、安定版のSwiftを使って開発する必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -