ニュース
2015年12月22日 11時49分 UPDATE

Space X、軌道到達後の「Falcon 9」ロケット垂直着陸に成功

イーロン・マスク氏率いるSpace Xが、打ち上げたロケット「ファルコン9」の垂直着陸を初めて成功させた。ジェフ・ベゾス氏のBlue Originに1カ月後れを取ったが、軌道上に載ってからの着陸成功は世界初だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 イーロン・マスク氏率いる米宇宙企業Space Xは12月21日(現地時間)、「Falcon 9(改良型)」ロケットの打ち上げから垂直着陸までの様子をWebcastで実況した。ロケットの垂直着陸は11月に米Blue Originが成功させたが、軌道に到達した後での着陸はこれが初めてだ。

 この「ORBCOMM-2 MISSION」ミッションは、米衛星通信サービスORBCOMMの衛星11機をFalcon 9に搭載して低周回軌道まで運び、軌道上で(衛星を搭載した)第2段ロケットを切り離して第1段ロケットを地上に垂直着陸させるというものだ。

 falcon 1 ケープカナベラル空軍基地に着陸したFalcon 9

 第1段ロケットの着陸と第2段ロケットによる衛星の軌道への設置の両方が成功した。

 falcon 2 衛星を運ぶFalcon 9の第2段ロケット

 Space Xはこれまで3回ロケットの着陸実験に失敗しており、成功はこれが初。ロケットの再利用が可能になれば、大幅なコスト削減が可能になる。

 falcon 3 成功の喜びにわく管制室

 Space Xは11月、NASAの宇宙飛行士ISS輸送契約を獲得しており、2017年にはFalcon 9で有人宇宙船「Crew Dragon」を打ち上げる計画だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -