ニュース
2016年03月28日 07時55分 UPDATE

iOS 9.3へのアップデートで複数のトラブル 旧モデルは対策発表済み、Safari関連はまだ

Appleが3月22日に公開した「iOS 9.3」をiPhone 5s以前やiPad Air以前の端末にインストールしようとすると失敗する(文鎮化する)問題の対策はAppleのサポートページで公開されたが、主にiPhone 6s/6s Plusのユーザーが報告しているSafariがフリーズする問題はまだ解決していない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが3月22日(現地時間)に公開した最新iOS「iOS 9.3」へのアップデートで、幾つかのトラブルが発生しており、そのうち一部のユーザーが報告しているSafariに関連する問題はまだ解決されていない。

iPhone 5s以前やiPad Air以前の端末での問題(3月27日に対策発表済み)

 ios 1 最初に設定したときに使ったIDとパスワードを求められた

 症状:比較的古いモデル(iPhone 5s以前やiPad Air以前)をiOS 9.3にアップデートする際、その端末を最初に設定するときに使用したApple IDとパスワードの入力を求められ、(既にパスワードを変更しているなどで)サインインできないと先に進めない。

 対策:iCloud.comにサインインし、iCloudの「設定」→「マイデバイス」で問題の端末が表示されることを確認する。これで問題が解決しない場合は、MacあるいはPCに端末を接続してiTunesから端末を選択する。これでアクティベート画面が表示されるので、現行のApple IDとパスワードを入力して「続ける」をクリックする。

 あるいは、iCloud.comから端末のアクティベーションロックを解除する方法もある。詳細は、Appleのサポートページを参照されたい。

iPad 2(GSMモデル)の場合(3月26日に対策発表済み)

 症状:iOS 9.3へアップデート後、iPad 2(GSM モデル)上に「アクティベーションサーバが一時的に利用できないため、このiPadをアクティベーションできませんでした」というメッセージが表示される。

 対策:リカバリモードにしてiOS 9.3を再インストールする必要がある。詳細はこちら

 ios 2 リカバリモードの画面

 なお、米9TO5Macによると、AppleはiPad 2向けに新たなビルドである「13E236」を再リリースしたという(iPhone版は13E234、iPad 2以外のiPad版は13E233)。

iPhone 6s/6s PlusなどでSafariやメール内のリンクをタップするとクラッシュする

 Appleのサポートコミュニティに3月24日、iPhone 6sユーザーが、iOS 9.3にアップデート後、Safari上のGoogle検索で表示したURLやメール内のURLをタップしてもリンク先に飛べず、Safariがフリーズするという報告があり、その後iPhone 6やiPad Airでも同じ症状を訴えるユーザーが続いている。

 米9TO5Macによると、特定のアプリをインストールしている場合にこの問題が発生するという。

 Appleサポートの公式Twitterアカウントにも多数問題が報告されているが、本稿執筆現在、Appleからはまだ対策が発表されておらず、ツイートでの報告に対しては「DMしてください」と返答している。

 ios 3

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -