ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年04月11日 11時50分 UPDATE

NASA、宇宙望遠鏡「ケプラー」に異常 操作が不安定に

太陽系外惑星を探査している宇宙望遠鏡「ケプラー」に異常が発生したことをNASAが発表した。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は4月9日、太陽系外惑星を探査している宇宙望遠鏡「ケプラー」に異常が発生し、操作が不安定な「エマージェンシーモード」に切り替わっていることを発表した。燃料消費も激しく、チームは最優先で復旧に取り組んでいるという。

photo 宇宙望遠鏡「ケプラー」

 7日にエマージェンシーモードに切り替わったと推定しているが、詳しい原因は明らかにしていない。4日の交信時点では、異常はなかったという。

 同探査機は2009年に運用を始め、これまで5000個以上の太陽系外惑星候補を発見し、1000個以上が正式に認められている。13年に姿勢制御用のホイール4基のうち2基が故障し、残る2基と太陽光圧を使って観測を行う「K2ミッション」を行っていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.