ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年04月20日 11時24分 UPDATE

まるで“魔法のグローブ”? 指先だけでカメラを遠隔操作「BEARTEK」

親指と他の指先を触れ合わせると、GoProカメラを遠隔操作できる――そんなグローブ「BEARTEK」が登場。

[片渕陽平,ITmedia]

 親指と他の指先を触れ合わせると、スマートフォンやGoProカメラを遠隔操作できる――そんなグローブ「BEARTEK」をご存じだろうか。両手がふさがっていたり、グローブを外せなかったり――といったアウトドアの環境でも、気軽にカメラを扱えそうだ。4月14日(現地時間)にGoProが米サンフランシスコで開催したイベントで披露された。

photo “魔法のグローブ”こと「BEARTEK」
photo 人差し指、中指、薬指に計6カ所のボタンを設定

 人差し指、中指、薬指に2カ所ずつボタンを設定。それぞれのボタンに親指で触れると、Bluetooth経由で指定の操作をスマホなどに送れる。米GoProのウェアラブルカメラにも対応し、親指で人差し指に触れると撮影を始め、もう1度触ると撮影を終える――などの遠隔操作が可能だ。

 汎用の「CLASSIC」モデルのほか、ウインタースポーツに特化した「SNOW SPORTS」、ライダー向けの「MOTORCYCLE」モデルも用意している。

 GoProと連携したサービス・製品の開発を促す「GoPro DEVELOPER PROGRAM」(関連記事)に参加する製品の1つ。2月にクラウドファンディングサイト「Indiegogo」に登場した。20日現在は在庫切れとなっているが、再販を予定している。

photo 「SNOW SPORTS」「MOTORCYCLE」など多数のモデルを用意している。

取材協力:GoPro

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.