ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年05月27日 11時56分 UPDATE

クラウドAPIのTwilioが株式公開へ

FacebookのWhatsAppやUberも採用するクラウドAPIサービスのTwilioが株式公開する。上場先はニューヨーク証券取引所(NYSE)で、ティッカーシンボルは「TWLO」だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 クラウドコミュニケーションの米Twilioは5月26日(現地時間)、IPO(新規株式公開)に必要な申請書類「S-1」を米証券取引委員会(SEC)に提出した。

 上場先は米ニューヨーク証券取引所(NYSE)でティッカーシンボルは「TWLO」。公開価格などについてはまだ空欄だ。

 twilio 1 SEC提出文書より

 Twilioは、2008年創業のカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く企業。当初はクラウド経由でWebから電話を操作するAPIを提供していたが、現在は、Webアプリに通話やSMSメッセージ機能を統合するAPIを提供している。日本でも2013年からKDDIウェブコミュニケーションズが提供している。

 同社のサービスは、配車サービスアプリの米Uber、クラウドヘルプデスクの米Zendesk、米FacebookのソーシャルアプリWhatsAppなどで採用されている。

 2016年第1四半期の売上高は5930万ドルで、その15%はWhatsAppからのものという。利益はまだ上がっておらず、同四半期は650万ドルの赤字だった。

 同社は今月4日、プログラム可能なSIMカード「SIGNAL」を発表し、25日にはTwilioのAPIを使えるアドオンのマーケットプレイスを立ち上げた。

 twilio 2 SIGNALのSIMカード

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.