ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年05月28日 11時00分 UPDATE

「歌舞伎すげえ」がネットの向こうに届いた手応え 「超歌舞伎」舞台の上から役者が見た景色 (1/5)

「ニコニコ超会議2016」で上演した新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」。テクノロジーと伝統芸能が融合した舞台は歌舞伎ファン以外からも大きな注目を集めた。ステージの上からはどんな景色が見えていたのか。青龍役・澤村國矢さんに聞いた。

[山崎春奈,ITmedia]

 「歌舞伎全然分からないけど泣いてしまった」「テクノロジーと伝統芸能の素晴らしい融合」「会場もコメントも盛り上がりがすごくて鳥肌」――古典歌舞伎「義経千本桜」と初音ミクの代表曲の1つ「千本桜」を融合した新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」(はなくらべせんぼんざくら)が「ニコニコ超会議」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)で上演された。主演に中村獅童さんと初音ミクさんを迎え、俳優の演技と映像表現が絡み合う「超歌舞伎」は、リアルタイムにネット配信され、歌舞伎ファン以外からも大きな注目を集めた。

photo 超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」

 2日間で全5回の公演を行い、回を追うたびに口コミで人気が広がった。千秋楽はイベントホールの入場を規制するほどの超満員となり、約5000人の観客を集めた。ネット配信の視聴数は累計15万回にのぼっている。

 佐藤忠信と白虎を演じる中村獅童さん、美玖姫役の初音ミクさんに並び、敵役として美玖姫に挑みかかる邪悪な精・青龍役を務めたのが澤村國矢さんだ。悪役を特徴付ける青い隈取の迫力ある見た目、存在感のある演技で舞台を盛り上げた。

photo 美玖姫に挑む敵役・青龍

 テクノロジーとの融合をテーマに、映像表現やボーカロイド・初音ミクの声を多用した「超歌舞伎」。普段の演目とは全く異なる準備が必要となる演目を、歌舞伎と心理的距離が遠いであろう若年層ネットユーザーの多い「超会議」で演じる――そのステージからはどんな光景が見えたのだろうか。

――まずは、出演までの経緯を教えていただいてよいでしょうか。

photo 澤村國矢さん

澤村國矢さん 普段のお仕事と同じように、松竹の方から3月半ばに電話をいただいたのが最初です。4月公演に関することかと、いつもと同じように電話に出たのですが、なんだか電話口で様子がおかしくて。「あのー、『ニコニコ超会議』ってご存じですか?」と……。

 電話をいただいたのが朝早めの時間で、実は僕その時、寝起きだったんですよね。最初何の話をしているのかよく理解できなくて、「主演は中村獅童さんと初音ミクさんと……」という言葉を「はぁ」「分かりました」と頭にハテナマークを浮かべて聞いていました。

 初音ミクさんご自身はもちろん存じ上げていたのですが、「超会議」というイベントは初めて聞いたのですぐにネットで調べました。最初の印象は……「こんなところで、歌舞伎やるの?」。若い人が多いネットカルチャーのお祭りということで、ずいぶん縁遠い場所だなぁ、というのが正直な感想でした。

 その後すぐに打ち合わせに行ったのですが、「義経千本桜」とボーカロイドの曲や小説「千本桜」をベースにした新作歌舞伎です、國矢さんはオリジナルの敵役・青龍です、と説明されてもまだ疑問ばかりでした。ステージの模型で「ここにミクさんが映ります」と言われても全然ピンと来ませんでした(笑)。

 その初回の打ち合わせで「映像を先に作らなくてはならないので、大体の尺を知るためにせりふ読んでもらってもいいですか?」と言われて。普段は絶対こんなことはないですね。松竹の会議室で、ほとんど初見の台本を「こ、こんな感じでいいのかな?」と探り探り、読み上げました。

photo 歌舞伎初心者に向け、特設ページで相関図やあらすじ、見どころを詳しく紹介している

――その段階で本番の1カ月前なんですね。もっと早くから準備したものなのかと思っていました。

 もちろん、制作作業はもう少し前から始まっていますけどね。稽古の初日は4月23日でした。直前まで別の公演に出ていた演者もいたので、結局、出演者全員がそろったのは27日です。

――えっ、本番は29〜30日でしたよね? 1週間切っている……?

 歌舞伎の世界を知らない人によく驚かれることの1つですが、1カ月続く公演でも稽古は4日間程度が普通なんです。なので、普段と比べて短いわけではないんですが、「超歌舞伎」は普段と全然違いましたからね……かなりギリギリでした。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.