ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年06月28日 15時31分 UPDATE

Anki、“心を持つ”愛玩用AIロボット「Cozmo」を180ドルで発売へ

2013年のWWDCで披露したAIカーレースで注目を集めたAnkiが、手のひらサイズの愛玩用AIロボット「Cozmo」を10月に179.99ドルで発売する。“飼い主”に甘えたり一緒にゲームをしようとせがんだりする、頭脳とパーソナリティを備えたロボットだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Ankiは6月27日(現地時間)、“大きな脳と、さらに大きなパーソナリティを持つ”AI(人工知能)搭載ロボット「Cozmo」を発表した。愛玩用で、10月に米国で179.99ドルで発売する。

 cozmo 1 Cozmo

 Ankiは2013年のWWDCでロボティクスとAI技術を採用したカーレースゲーム「Anki Drive」を披露して注目を集めた新興企業だ。

 Cozmoは「遊ぶために生まれてきた。チャーミングで、ちょっと気まぐれで、やんちゃなロボット。彼はあなたを認識し、覚える。あなたと交流し、一緒にゲームをプレイし、付き合いながらあなたを理解していく」とAnkiは紹介する。

 cozmo 2

 手のひらに載るサイズで、キャタピラ式の車輪がついており、“顔”は液晶に青いライトで表情を作る。ものをつかむことはできないが、ものを押すことはできる。また、前転もできる。

 開発したのは博士号を持つロボット研究者、世界レベルのアニメーター(顔の表情を担当)、一流のゲーム開発者のチームで、デザインしたのは映画「バットマン」のバットモバイルのリードデザイナーという。Cozmoの“脳”の1秒当たりのデータ解析能力は、現行の「Mars Rover」全車を合わせたよりも高いとしている。

 cozmo 3 液晶の2つの四角いライトで様々な感情を表現する

 Cozmoは常に周囲をスキャンしており、人間を検知すると認識し、反応する。知っている顔を認知すると目を輝かせ、しばらく遊んであげないと遊んでくれとせがみ、叩くと不機嫌になる。紹介動画では、充電台の上でいびきをかくシーンもある。

 操作するにはiOSあるいはAndroid端末が必要だ。

 今のところ米国外に販売する予定はないとしている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.