ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年07月26日 08時39分 UPDATE

Twitter、存在理由を説明する「何が起こっていますか?」キャンペーンを開始

TwitterはただのSNSではなく、世の中のリアルな出来事を知るためのツールだと説明するキャンペーン「It's what's happening(何が起こっていますか?)」が始まった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Twitterのブランドは世界中の90%の人が認知しているが、認知はしていても使おうとしない人はTwitterを誤解しているようだ──。米Twitterは7月25日(現地時間)、そう語り、誤解を解くためのキャンペーンを開始したと発表した。

 Twitterによると、主な誤解は以下の2つ。まず、Twitterを単なるソーシャルネットワークサービスで友人や家族とつながるためのツールだと思い込んでいる場合。もう1つは、Twitterを使うのであれば、毎日ツイートしなければならないがそれほどツイートしたいことなどない、と心配している場合、という。

 だが、Twitterの主目的は、「世界中でまさに今、何が起こっているかを見に行く場だ。速報からエンターテインメント、スポーツ政治の世界での出来事が、リアルタイムのコメント付きで紹介されるのがTwitterのユニークなところだ」という。

 live 本稿執筆現在も米民主党大会のライブ配信が行われている

 そこで、同日から「It's what's happening(Twitterは何が起こっているかだ)」というキャンペーンを開始したといいう。まずは2本の短い動画をツイートした。

 1本目は日本語を含む複数の国語で「何が起こっていますか?」というテロップの向こうに渋谷のスクランブル交差点やPokemon GOに熱中する男性などの映像が流れる46秒のもの。

 もう1本は、より政治色の強いもので、オバマ大統領や英国のEU離脱、ドナルド・トランプ氏のキャンペーンなどが流れる16秒のものだ。

 同社は今後もこのキャンペーンを展開していくとしている。

 同社は昨年11月、「Moments」立ち上げの際に初のテレビCMを公開したが、あまり話題にならなかった。

 Twitterの月間アクティブユーザー数(MAU)は伸び悩んでおり、10〜12月期の業績発表では2011年以来初めてMAUが前期から伸びなかった(1〜3月期は3%増だった)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.