ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
2016年08月24日 15時21分 UPDATE

人工知能が書いた書籍「賢人降臨」発売 あえて無校正、「AIの未来感じて」

人工知能に福沢諭吉と新渡戸稲造の作品を学習させて書かせた書籍「賢人降臨」が発売。現時点での技術レベルを知ってもらうため、あえて無校正で出したという。

[ITmedia]

 人工知能(AI)関連の研究開発などを手がけるクエリーアイ(名古屋市)は8月24日、独自開発の人工知能「零」(ゼロ、開発コードネーム)に、福沢諭吉と新渡戸稲造の作品を学習させて書かせた書籍「賢人降臨」を、「dブック」で発売したと発表した。800円(税別)。

画像

 福沢諭吉の「学問のすすめ」と新渡戸稲造「自警録」を、ディープラーニング(リカレントニューラルネットワーク)で零に学習させた上で、「若者」「学問を修め立身」など5つの“お題”を与え、文章を創作させた。

 作品は、原典とほぼ同じ文が続くが、文の構成や順序が変わっていたり、同じことを繰り返すなど、お題に合わせて変化した部分があるという。あえて校正・校閲を行っていないため、乱れた文章もあるが、「現時点での技術がどのレベルかを読者に知っていただくためにも、あえて間違いの訂正はしていない」という。

 「学問のすすめ」「自警録」を選んだのは、(1)論旨の明快さや文章の構造や流れが、人工知能に学習させるには適していそう、(2)人智を学ばせるにふさわしい内容――という理由から。作品は全体で6万文字で、一般的な紙の新書の半分程度の量だ。

 「人工知能が過去の賢人から学ぶことで、どのような答えを出していくのか。技術が過去の賢人の智を蘇らせることができるのか。人工知能が進化していく未来を感じていただくための作品」としている。

画像 「若者」「学問を修め立身」「世界を制する」「成功とは」「人とは何を示すもの」という5つの“お題”から人工知能が書いた文章(ニュースリリースより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.