ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年11月10日 13時44分 UPDATE

ソフトバンク、自転車シェアリング事業に参入 各地域の事業者と提携 スマホで簡単利用

既存事業者と提携し、IoTを活用した自転車シェアリングサービスに参入する。

[ITmedia]

 ソフトバンクと同社傘下のSBイノベンチャーが出資するOpenStreetは11月10日、IoT(Internet of Things)を活用した自転車シェアリングサービス「HELLO CYCLING」を11日に始めると発表した。まず東京都中野区でスタートし、順次全国で展開する。中野区での料金は1時間当たり100円、1日当たり800円の2プランを用意する(27日までの特別価格、いずれも税別)。

photo

 HELLO CYCLINGは、スマートフォンやPCで登録駐輪場(ステーション)を検索したり、自転車の利用予約や決済などを行える“IoT自転車シェアリングサービス”。あらかじめ交通系ICカードを登録しておけば予約不要で利用できる。借りた自転車は全てのステーションで返却でき、目的地までの便利な交通手段として使えるという。1アカウントで最大4台までの同時利用が可能だ。

 サービス提供に当たっては、全国各地の自転車シェアリングサービス事業者と提携。事業者は、GPSと通信機能を搭載した「スマートロック」と専用の操作パネルを自転車に取り付けるだけで、既存のシェア用自転車にHELLO CYCLINGのシステムを導入できるという。利用料金は各事業者が個別に設定する仕組みだ。

photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.