ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年12月14日 20時32分 UPDATE

ねっと部:「恋ダンス」踊る“ロボホン” シャープが期間限定で動画公開

愛らしい小さな体を器用に動かしながら、話題のダンスを踊るあのロボットに注目が集まっている。

[ITmedia]

 シャープは12月13日、モバイル型ロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)がドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に登場する“恋ダンス”を踊っている動画をYouTubeに公開した。

photo

 動画は13秒ほどの短いものだが、胸の前で両手を振る動きなど、恋ダンスらしい踊りを再現。シャープのTwitter公式アカウント(@SHARP_JP)によれば、ロボホンが踊るダンスは特別に用意したもの。アップデートなどによる一般公開は予定していないことから、市販のロボホンが踊ることはできないという。動画は12月下旬のドラマ最終回放映まで公開する。

 ロボホンはシャープとロボットクリエーターの高橋智隆氏が共同開発したロボット型の携帯電話。音声による操作に対応し、電話やカメラといった基本的な機能のほか、レーザープロジェクターによる映像の投影機能などを備える。ドラマにも出演しており、最新の第10話では劇中で恋ダンスを披露したり、ストーリーを示唆するシーンで利用されたりしていた。

 恋ダンスは、ドラマに出演する新垣結衣さんらがエンディングで星野源さんによる主題歌「恋」にあわせて踊るダンス。動画サイトでは「踊ってみた」系の動画が続々とアップされており、楽曲の権利を保有するレコード会社・ビクターエンタテインメントが、条件を満たせばドラマ放送期間中に限ってCD音源を動画に使用しても問題ないと発表するなど、異例の盛り上がりをみせている。

(12月16日現在、動画は非公開となっています)

photo

ねっと部

ハードでソフトなITニュースの合間にネット上の面白いモノ・コトをお伝えする部活動。正式には「ITmedia学園ニュース科インターネット部」、略して「ねっと部」(たぶん)。部長はめがね(予定)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.