ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2017年01月16日 12時04分 UPDATE

路線バス「回送」活用し「クール宅急便」運ぶ ヤマト運輸、宮崎県でスタート

路線バスに保冷専用ボックスを搭載し、温度管理が必要な農水産品などを運ぶサービスを、ヤマト運輸と宮崎交通がスタート。

[ITmedia]
photo 保冷専用ボックスを路線バスに搭載

 ヤマト運輸と宮崎交通は1月16日、路線バスに保冷専用ボックスを搭載し、ヤマト運輸の「クール宅急便」の荷物を輸送するサービスを始めた。農水産品など温度管理が必要な荷物の配送に対応する。同様の取り組みは日本初という。


photo 宮崎県西都市〜西米良村を結ぶ路線バスが対象

 宮崎県西都市〜西米良村を結ぶ路線バスの荷台に保冷専用ボックスを搭載。ヤマト運輸のドライバーが集荷した「クール宅急便」などの荷物を地域の拠点で路線バスに積み直し、配送センターまでバスの回送便を使って運ぶ。

 両社は、路線バスで宅配便を輸送する「客貨混載」を2015年10月に宮崎県内でスタート。過疎地のバス路線網の維持につなげるほか、ヤマト運輸のドライバーが営業所まで戻る必要をなくし、集荷の締め切り時間を延長できるなどのメリットがあり、「地域の利用客から好評をいただいている」(ヤマト運輸)という。

photo 客貨混載のイメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.