ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月25日 17時27分 UPDATE

日経新聞、AIで決算記事を自動生成 「日経電子版」などに配信

東京証券取引所の適時開示情報閲覧サービス「TDnet」の情報を読み込んでいるそうだ。

[太田智美,ITmedia]

 日本経済新聞社は1月25日、決算情報の要点を人工知能(AI)によって自動で文章化するサービス「決算サマリー」を開始した。決算開示後数分で、売上高や利益などのデータをまとめ「日本経済新聞 電子版」や「日経テレコン」に配信するという。


日経「決算サマリー」

日経「決算サマリー」 AIで書かれたという実際の決算記事の一部(出典:日本経済新聞 電子版の1月25日付決算サマリー ※一部加工)

 サマリーの対象は、PDFファイルで決算情報を開示している一部の企業を除く上場企業(約3600社)。情報の取得から文章作成、配信まで完全自動で行うという。当面はβ版として位置付けるとのことだ。

 同プロジェクトは、日本経済新聞社、言語理解研究所(ILU)、東京大学松尾豊特任准教授研究室が共同で行ったもの。決算発表資料からデータや文意を読み取って要点を抜き出し、日本語の文章として構成する仕組みを構築したという。

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.