ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年04月03日 11時39分 UPDATE

「第2期 電王戦」、将棋ソフトが佐藤名人に勝利 タイトル保持者を初めて撃破

将棋ソフト「PONANZA」と佐藤天彦名人が激突。71手でPONANZAが勝利した。

[ITmedia]

 将棋ソフト「PONANZA」とプロ棋士・佐藤天彦名人が対局する「第2期 電王戦」の第1局が4月1日に日光東照宮(栃木県)で行われ、PONANZAが勝利した。公の場で、将棋ソフトが現役タイトル保持者に勝利するのは初めて。

photo 佐藤天彦名人(ニコニコ生放送より

 電王戦と銘打ち、人間と将棋ソフトが対局するシリーズは6度目。対局棋士を決める「叡王戦」で優勝した佐藤名人が、「電王トーナメント」を勝ち抜いたPONANZAと激突した。71手でPONANZAが佐藤名人を破った。

 終局後、佐藤名人は「実際に戦ってみると、Ponanzaは読みが正確。こちらが予想できない手を指すことも多く、その場合も『なるほど』とうなってしまうほど精度が高い」と話した。「タイトルホルダーとして将棋ソフトと戦うということで、ファンに声援をいただいていたが、結果を出せずに残念。第2局も大変な対局になると思うが、自分の中では勝算はある」(佐藤名人)。

 Ponanza開発者の山本一成さんは「Ponanzaは、プロ棋士の棋譜だけでなく、普通の将棋の形とは違う、さまざまな将棋も自分自身で学んでいたので、その効果が出た」と勝因を分析。「日本の情報科学の分野で、長年の目標とされていたことを達成できたと思う」(山本さん)。

 今回の電王戦は2番勝負。第2局は姫路城(兵庫県)で5月20日に行われる。

photo Ponanzaの指し手は、ロボットアーム「電王手一二さん」(デンソーウェーブ製)が担当

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.