ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
2017年05月08日 12時19分 UPDATE

世界タブレット出荷、10四半期連続の減少──IDC調べ

IDCによると、世界でのタブレット(キーボードを脱着できるモデルを含む)出荷は10期連続で減少し、1〜3月期は3620万台だった。シェアランキングではAppleが首位を守った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCは5月4日(現地時間)、2017年第1四半期(1〜3月)の世界タブレット市場に関する調査結果を発表した。

 同四半期のタブレット(米MicrosoftのSurface Proや米AppleのiPad Proなどのようにキーボードを取り外せる“デタッチャブル”モデルを含む)の出荷台数は前年同期比8.5%減の3620万台。2014年第4四半期に初めて前年同期比減になって以来、10四半期連続の減少だ。

 idc 1〜3月期の世界タブレット市場シェア(資料:IDC)

 IDCは、キーボードを360度回転させるなどしてタブレットとしても使えるノートPCは“コンバーチブル”端末としてPCに分類している。デタッチャブルとコンバーチブルがそれぞれ伸びており、デタッチャブルがコンバーチブルの市場を侵食してはいるが、デタッチャブルの伸びは減速しているという。

 米Appleが自ら明らかにしているように、同四半期のiPadの出荷台数は13%減の892万2000台だった。iPadの販売台数は12期連続の減少。市場シェアは1.3ポイント減らしたが、それでも2位の韓国Samsung Electronicsに8.1ポイントの差を付けての首位を守った。

 idc 2 「iPad Pro」も“デタッチャブル”端末だ

 2位のSamsungの出荷台数は横ばいの600万台で、市場シェアは1.3ポイント増えた。

 3位はAndroidタブレットとデタッチャブルなWindowsタブレットを併売する中国Huawei。上位5社中唯一前年より出荷台数が増加した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.