ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年05月12日 10時53分 UPDATE

移動中に8K映像を伝送、5G活用で KDDIとNHKが実証実験

将来的には、スポーツの試合の8K映像を、ユーザーが手元の端末で視聴できるよう目指す。

[ITmedia]

 KDDIとNHKは5月11日、次世代移動通信システム「5G」を活用し、移動中における8K映像を伝送する実証実験を5月から始めたと発表した。2018年以降は、実際のスタジアムなどで、8K映像の中継や配信を想定した実証実験を計画しているという。

 5Gでは、周波数帯で空きがある28GHz帯と6GHz未満の帯域の利用が検討されている。高周波数帯を活用することで、通信の高速化、大容量化を見込んでいる。

 将来的にKDDIは、8Kカメラが撮影するスポーツの試合の様子を、ユーザーが手元の端末で視聴できるよう目指す。複数の高精細カメラ映像を、ユーザーが端末で自由に切り替えて見られるようにし、「スポーツの感動と興奮をよりリアルに体感できる観戦スタイルを提供する」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.