ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2017年06月22日 15時41分 UPDATE

「警察が同人漫画家に配慮求めた」報道を「憂慮」 同人誌即売会連絡会がコメント

成人向け同人漫画の作者に対して警察が配慮を求めたとする報道について、全国同人誌即売会連絡会が「事態を憂慮している」とコメントを発表した。

[ITmedia]

 少女の身体を触った強制わいせつ容疑などで埼玉県警に再逮捕された男が、「成人向け同人漫画をまねた」と供述したため、県警が漫画の作者に対して、作品が模倣されないよう配慮を求め、漫画家が了承した――との報道について、コミックマーケット準備会などが参加する「全国同人誌即売会連絡会」がこのほど、「事態を憂慮している」との声明をWebサイトで発表した

画像

 全国同人誌即売会連絡会は、コミックマーケット準備会やCOMITIA実行委員会、ガタケット事務局など、同人イベントを主催する30以上の団体で構成している。

 20日付けで掲載された声明では、今回の報道を受け「事態を憂慮している」とコメント。「報道されている内容が事実なら、事前抑制に該当するおそれがある」とし、「創作表現の自由を著しく軽視するもので、甚だ遺憾」としている。

 同会は、超党派の国会議員による「マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟」(MANGA議連)あてに、埼玉県警の対応・発言についての事実関係の確認を求める要望書を15日に提出し、再発防止を要望したという。同日開催された同議連の総会でも議題として取り上げられ、「当面は事態を見守りつつも、今後も関心を持って注視していく」と結論づけられたという。

 容疑者に模倣された漫画の作者は、警察から受けた訪問についてTwitterでコメントしており、「『表現の自由が脅かされた』とか『警察の圧力に屈した』とか『前例ができた』とかいう類の話だとは思ってほしくない」などと述べている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.