ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
連載
2017年07月20日 07時00分 UPDATE

新連載・東京五輪へ連れてって:ロボット、AIに活路 世界に後れを取った日本女子バレーが「IT強者」になれた理由 (1/4)

第1回は、IT活用が進む日本女子バレー代表チームを10年以上支えてきた日本スポーツアナリスト協会の渡辺啓太氏に最新のデータ活用事情を聞いた。

[村上万純,ITmedia]

 スポーツ界のIT活用が進んでいる。特に顕著なのがプロスポーツの現場だ。2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、各メーカーが技術開発に本腰を入れている。

 例えば、新体操の採点を支援する3Dセンシング技術。3Dレーザーセンサーで選手の動きを捉え、観客の邪魔にならない高精度な採点を助ける新技術が、東京五輪での実用化に向けて開発されている。

新連載:東京五輪へ連れてって

2020年の東京五輪に向け、スポーツ界のIT・テクノロジー活用が加速している。本連載では、最新のスポーツ×IT動向を知る各分野の専門家たちに話を聞いていく。


 こうしたスポーツのIT化の流れは過去にも、スポーツ観戦、選手の練習方法などを大きく変えてきた。中でもここ15年ほどで日本選手の在り方が一変した競技の1つが「バレーボール」だ。

 海外選手と比べて身長にハンディキャップがある日本女子バレーは、10年以上前から専属アナリストを呼び、データ活用を推進。超えられない身長差の壁を頭脳で克服してきた。

 「日本女子バレーのIT活用は、世界で見ても1、2を争うレベルで進んでいる」――08〜16年の五輪で日本女子バレー代表チームの専属アナリストを務めた渡辺啓太さん(日本スポーツアナリスト協会代表理事、日本バレーボール協会 ハイパフォーマンス戦略担当)は話す。

渡辺さん 五輪で日本女子バレー代表チームの専属アナリストを務めたこともある渡辺啓太さん

 実際、代表チームの練習場である味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)では「ブロックマシン」と呼ばれるロボットを導入。タブレット端末と連携し、世界のトッププレイヤーのブロック動作を再現している。そんな練習相手が存在するのは「おそらく世界で見ても日本だけではないか」という。

ブロックマシン 日本女子代表チームが練習で使う「ブロックマシン」(筑波大学 バーチャルリアリティ研究室より)

 テクノロジーを武器に、10年の世界選手権と12年のロンドン五輪では銅メダルを獲得した日本女子バレー代表チーム。だが、いまでこそ“IT強者”とされる日本女子バレーも、「2000年頃は世界に後れを取っていた」(渡辺さん)。そんな日本は、女子バレー界でいかにしてIT先進国の地位を得ていったのか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.