ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
2017年07月31日 12時39分 UPDATE

自宅を“IoT化”「au HOME」提供スタート スマホで施錠チェック

KDDIが住宅IoTサービス「au HOME」の提供を始めた。外出先からスマホアプリを使い、自宅の施錠状態、窓の開閉状況などをチェックできる。

[ITmedia]

 KDDIは7月31日、外出先からスマートフォンアプリで自宅の施錠状態や窓の開閉状況などを確認できる住宅向けIoTサービス「au HOME」の提供を始めた。同社のインターネット回線提供サービス「auひかり」の利用者が対象。基本料金は月額490円(税別、以下同)。

photo
photo au HOME

 専用のセンサーを購入して自宅に取り付けると、無料のスマホアプリ「au HOME」(iOS/Android)から状態をチェックできる。センサーは、自宅内の映像を音声付きで確認できる「ネットワークカメラ 01」(1万800円)、窓の開閉状況や開閉履歴が分かる「開閉センサー 01」(3000円)などを用意している

photo アプリはiOS9.3以上/Android5.0以上のスマホに対応(画像はiOS版)
photo センサーのラインアップ

 セコムと連携したオプションサービス「セコム駆けつけサービス(ココセコム for au HOME)」も同日から提供。自宅付近の状況に心配事がある場合や、在宅中の家族の様子を確認したいときに、au HOMEのアプリからセコム警備員に自宅への同行、訪問を要請できる。オプションの加入料金は不要だが、要請時には1回当たり1万円の料金がかかる。

photo 「ココセコム for au HOME」より

 2017年秋以降には、利用電力量が分かる「スマートプラグ」、リモコンに赤外線を利用するエアコンやテレビなどを遠隔操作できる「赤外線リモコン」の提供も予定している。17年11月以降には、auひかり以外のネット回線の利用者でも、auスマートフォンのユーザーであれば使えるようにする。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.