ITmedia NEWS > AI+ >
ニュース
» 2017年10月03日 13時57分 公開

CEATEC JAPAN 2017:auショップ店員「レナ」が進化 AI搭載、TangoのAR活用

KDDIが、Googleの空間認識技術「Tango」を活用したバーチャルショップ店員「レナ」を「CEATEC JAPAN 2017」で展示する。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIが、AR(拡張現実)技術を活用したAI(人工知能)キャラクター「レナ」を「CEATEC JAPAN 2017」(10月3日〜6日、幕張メッセ)で公開している。auショップの店員であるレナと、AR空間上で対話できるという。

レナ AR(拡張現実)技術を活用したAI(人工知能)キャラクター「レナ」
レナ

 米Googleの空間認識技術「Tango」を活用。KDDIのスマートフォン向け音声アシスタントサービス「おはなしアシスタント」のキャラ「レナ」をAR空間上に投影し、対話AIを活用して日常会話や接客デモンストレーションを体験できる。

 CEATEC会場では、2020年の商用可が見込まれている次世代通信「5G」(第5世代移動通信システム)について、「そもそも5Gって?」「いつから始まるの?」といった疑問に答えてくれるほか、身長や体重、好きなタイプなどの質問にも反応してくれる。

レナ ユーザーの質問に回答
レナ 傾きも検知
レナ AR空間でレナが座っている椅子

 AR部分は、初音ミクの専用アプリ「ミク☆さんぽ〜CAFE edition〜」をベースにしており、AI部分は「おはなしアシスタント」を改良。レナは対話内容を収集し、学習していくという。

 KDDIの大川祥一さんは、「5G通信を使うことで、対話AIに必要な理解、表現、判断、学習といった機能を全てクラウド化し、デバイスとネットワークの間を高品質な音声データでやりとりしても遅延が発生しないことが期待できます」と話す。「auのサービスも多様化しているので、レナには店頭でauショップ店員をサポートしてもらいたいですね」

 ユーザーの端末での利用はできないが、auショップにレナと対話できるデバイスを設置する予定。Tangoは利用できる端末が2機種と限られており、Googleは既に新しいAR技術「AR Core」を発表している。大川さんは「iOS向けのARKitでの開発も検討していきたい」と語った。

レナ この笑顔、守りたい

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.