ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年10月03日 19時48分 公開

Instagram、国内月間2000万人が利用 2年間で2.5倍、「動画」投稿にシフト

Instagramの日本国内の月間アクティブユーザー数が2000万人を突破。ユーザー数が増える中、投稿内容にも変化が。

[村田朱梨,ITmedia]

 フェイスブックジャパンは10月3日、写真・動画共有サービス「Instagram」の日本国内の月間アクティブユーザー数が2000万人を突破したと発表した。2015年時点(810万人)と比べると約2.5倍に増加。全世界では月間8億人のユーザーを抱える。そうした成長の中、投稿内容にもさまざま変化が起きているという。

photo ユーザー数の変化

「写真」から「動画」へ

 大きな変化は「写真」から「動画」へのシフト。Instagramでは「ライブ配信」など動画に対応した機能がいくつかあるが、特に日本では、16年8月に追加した「Instagram Stories」(以下、ストーリーズ)を使った動画投稿が増えているという。

 ストーリーズとは、写真や動画(10秒まで)をスライドショー形式で表示できる機能。投稿動画は公開から24時間後に消えるようになっており、通常の投稿(フィード投稿)よりも気軽に投稿・シェアできるという。

 この機能の1日当たりのユーザー数は、世界で2.5億人。Instagramの最高製品責任者のケビン・ウェイル氏は「フィードは人生の最高の瞬間(ハイライト)を捉えるもの。ストーリーズはその間の、日々の瞬間を捉えるもの」と説明する。

photo ケビン・ウェイル氏とその「人生のハイライト」
photo 日常を切り取った「ストーリーズ」。ケビン氏は自身のストーリーズを公開し、子どもたちに振り回される様子に「ストーリーズは現実世界」と笑う

 動画に限らず「日常」の写真投稿も増加傾向という。

 フェイスブックジャパンの長谷川晋社長は「少し前であれば『作り込まれたアートのような写真でないと投稿しづらい』という“ためらい”をユーザーが感じることがあったが、今や日常の風景を気軽に投稿し共有する場所になってきている」と話す。

 それを裏付けるかのように、ユーザーがよく見るコンテンツでは「友人の投稿」が2位にランクイン。「料理」「旅行」「動物・ペット」「スポーツ」などは、15年に比べて50%以上伸びた。

photo よく見るコンテンツ

日本人の特徴は「ハッシュタグが長い」「ペット用アカウントがある」

 グロバールにない、日本独自の特徴も現れつつある。長谷川社長によれば、その1つは「長いハッシュタグ」だ。国内で人気のハッシュタグを調べてみると、「#猫」「#ねこ」「#ランチ」など1単語のタグの中に「#写真好きな人と繋がりたい」という文章が。「#ファインダー越しの私の世界」というタグも人気があるという。

photo 日本で人気のハッシュタグ一覧

 フェイスブックジャパン広報部の嶋田容子さんは「日本では、自分のペット用アカウントを持っている人も多い」と話す。

 「趣味ごとにアカウントを使い分ける日本人も多い。Instagramの最大の特徴は、現実の生活だけだと知り合いになれないような人とも、興味や関心が合えばつながれること。実名でリアルな生活と地続きのFacebookと、実名でなくても複数のアカウントを持ち、趣味などでつながれるInstagramとで、バランスが取れていると思う」

 今後もフェイスブックジャパンは、ユーザーがより身近に使えるようInstagramの機能を拡充する考え。「時間はかかるが、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などにも対応したい」(嶋田さん)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.