ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年10月04日 14時23分 公開

スマホで職場の“幸福度”計測 日立が技術開発

日立製作所が、スマホ搭載の加速度センサーで、職場など組織の“幸福度”を計測する技術を開発した。

[ITmedia]

 日立製作所はこのほど、従業員がポケットなどに入れたスマートフォンで、職場などの“幸福度”を計測する技術を開発したと発表した。スマホ内蔵の加速度センサーで従業員の行動パターンなどを捉え、組織の幸福度(組織活性度)を算出する。

photo 計測イメージ

 同社は、体の動きと組織の幸福度に相関関係があるとし、加速度センサーなどを搭載した名札型デバイスで幸福度を測る技術を開発。三菱東京UFJ銀行や日本航空など20社以上に提供している。

 新技術ではこの名札型デバイスを使わず、スマホだけで幸福度の計測が可能に。スマホ内蔵のセンサーは、性能や仕様が名札型と異なる上に、電話やメールを利用している間は正常な計測ができないという課題があった。そこで、スマホと名札型の両センサーが計測した結果の関係性をAI(人工知能)に学習させ、スマホで得たデータを補正する仕組みを開発した。

 今後は実証実験などを進め、より簡単に幸福度を測れるサービスとして提供を目指す。一方、従来の名札型デバイスも、より本格的な幸福度計測を求める企業向けに提供を続けるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.