ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月06日 15時35分 公開

「NOKIZAL」決算ピックアップ:資金調達96億円のfreee、累積赤字60億円の“違和感”

日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。

[NOKIZAL,ITmedia]

 クラウド会計サービスなどを手掛けるfreee(東京都品川区)が電子公告に掲載した貸借対照表(2017年6月30日現在)によれば、累積の利益や損失の指標となる利益剰余金は60億700万円の赤字(前年同期は36億5200万円の赤字)だった。マネーフォワードと競合しながらFintech業界をけん引するfreeeだが、売上などを推定してみると“違和感”もある。

photo

 freeeは12年設立。13年3月にリリースしたクラウド会計ソフト「freee」をはじめ、「人事労務 freee」「会社設立 freee」など、主にバックオフィス向けのクラウドサービスを展開するFintech企業。メインターゲットは個人事業主などのスモールビジネスで、17年4月時点で「freee」の利用経験がある事業所は全国80万を突破した。

photo freeeの公式サイトより

 資金調達面では、正式リリース前の12年12月に米国のVC、DCMから5000万円を調達したのを皮切りに、15年には35億円、16年にも33億円と、たびたび大型の調達に成功。累計資金調達額は96億円に上っている。

 競合は、同じくクラウド会計サービスと個人向け家計簿アプリを運営するマネーフォワード。同社は17年9月29日に上場した。16年12月にはfreeeが、マネーフォワードの「MFクラウド」がfreeeの勘定科目に関する自動仕訳に関する特許を侵害していると提訴したが、17年7月にマネーフォワードが勝訴している

ここがポイント

 これまでマネーフォワードと競い合うように、従来の日本のベンチャーとは一線を画すスケールで、Fintech業界を引っ張ってきたfreeeですが、決算書を見るとなかなかハードそうな数字も見えてきます。

 これまで累計96億円もの調達に成功しているため、現金預金は48億円あり、流動負債が9.4億円なので、当面で資金がショートすることは無さそうです。しかし当期も利益剰余金の赤字が60億円と、前期の36.5億円から更に大きく膨らんでおり、単純に考えれば差額の23.5億円が赤字だったことになります。また前々期の利益剰余金は13.5億円だったため、前期も同程度の23億円の赤字だったと推測でき、マーケティングの先行投資が大きいのだと思いますが、結構なペースで赤字を積み上げています。

 先行投資といえば、マネーフォワードと、累積調達額と赤字額の推移を比較した時の違いも気になります。両社ともに数十億円単位の調達と赤字を積み上げてきたわけですが、これまでに分かっている累積調達額と赤字額(ここでは簡易的に利益剰余金の赤字と純損失の累計を同じ扱いにしています)を計算してみると、freeeはマネーフォワードの倍くらいあります。

photo
photo

 事業範囲としては、B2B専業のfreeeに対し、マネーフォワードはB2Cも展開しつつ上場にこぎ着けています。freeeが、調達した資金をうまくマーケティングや技術強化に活用できているのか少し気になるところです。

 倍の赤字額に対し、売上やシェアも倍以上とかであれば、いわゆるベンチャーとしてより大きく“掘っている”状態として理解もしやすいのですが、クラウド会計に関する市場調査では、freeeがMFクラウドに勝っていたりその逆もあったりと、現状さほど大きな違いは無いのではないかと推測できます。

 上場したマネーフォワードの「MFクラウド」部門の売上を見ると、1.8億円(15年度)、7.3億円(16年度)、5.4億円(17年度前半)。これを参考にすると、freeeの当期売上は10億円前後と考えられます。

 現状だと、両社のクラウド会計は試しに利用するユーザーは多そうですが、専門家に丸投げ、インストール型ソフトなどの既存シェアを覆す勢いには至っていません。freeeの現状の業績が10億円前後の売上(推定)、20億円超えの赤字というのは、サービスインから4年で96億円を調達した企業評価額からすると、先行投資中とはいえ少し物足りない数字といえるかもしれません。

 とはいえ、時価総額500億円超で念願の上場を果たしたマネーフォワードも、前期売上15億円、経常損失8億円。オリックスが14年に800億円で買収した弥生会計が売上160億円、経常利益43億円なのを考えると現段階では“Fintechバブル感”は否めません。今後も両社が上場などにとどまらず、その高い評価額に実績で応え、名実ともに日本経済を盛り上げる存在になってくれるといいですね。

freeeの過去業績、他の企業情報は「NOKIZAL」で確認できます

photo

《サービス紹介》

NOKIZAL」は就活生から社会人まで、無料・登録不要で使える日本最大級の企業情報活用アプリです。4万社以上の業績情報に加え、メールやカレンダー、各企業や関連情報サービスへの外部連携も充実しており、企業情報収集をサポートします。帝国データバンクが保有する100万社以上の企業調査情報も追加利用可能です。

《著者紹介》

平野健児。新卒でWeb広告営業を経験後、Webを中心とした新規事業の立ち上げ請負業務で独立。WebサイトM&Aの「SiteStock」や無料家計簿アプリ「ReceReco」他、多数の新規事業の立ち上げ、運営に携わる。現在は株式会社Plainworksを創業し「NOKIZAL」を運営中。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.