ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月13日 19時01分 公開

訪日外国人の“足取り”、プリペイドカードで把握 JCBが実証実験

観光情報アプリをダウンロードした訪日外国人旅行者にプリペイドカードを配布し、位置情報や決済情報を取得してマーケティングにつなげる実証実験を、JCBが始めた。

[ITmedia]

  ジェーシービー(JCB)は10月13日、スマートフォンアプリとプリペイドカードを活用し、訪日外国人旅行者の位置情報や決済情報を解析してマーケティングにつなげる実証実験を、長崎市で10月に始めたと発表した。地域経済の活性化を狙う。

photo 実証実験の概要

 観光情報などを配信するスマートフォンアプリ「Japan Travel Guide」(NTTアドが提供)をダウンロードした旅行者に、プリペイドカード「JCBプレモカード(For Tourists)」をプレゼントする。旅行者の属性(国籍、年齢、性別)や、スマホアプリ経由で取得する位置情報、JCBプレモカードの決済情報を組み合わせて解析し、マーケティングに活用できるかを検証するという。

photo JCBプレモカード
photo スマホアプリ「Japan Travel Guide」

 解析結果は、Wi-Fi環境の整備、国内外でのプロモーション、旅行者の周遊・購買行動の可視化、観光資源の発掘――などにつなげる考え。

 実験は2017年10月1日〜18年3月4日に、長崎市内で行う。長崎国際観光コンベンション協会(長崎出島ワーフ2階)とNTT出島ビル1階で、旅行者にアプリのダウンロードを促すとともに、JCBプレモカードを配布する。

 経済産業省の公募事業「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業」(IoT活用おもてなし実証事業)の一環。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.