ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年10月20日 07時27分 公開

配車サービスのLyft、Alphabet主導で10億ドル増資

配車サービスのLyftがGoogleの親会社Alphabet主導の増資ラウンドで10億ドル調達したと発表した。LyftはAlphabet傘下の自動運転技術企業Waymoと提携している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米配車サービスのLyftは10月19日(現地時間)、米Googleの親会社Alphabetが運営する投資ファンドCapitalG主導で10億ドル(約1127億円)増資したと発表した。企業価値は110億ドル。CapitalGのデビッド・ローリー氏が取締役に就任する。

 lyft 1

 Lyftは5月、Alphabet傘下の自動運転技術企業Waymoと自動運転車の実用化で提携したと報じられており、この増資で関係を強化する狙いがあるようだ。

 lyft 2 左から、Lyftのローガン・グリーンCEO、CapitalGのデビッド・ローリー氏、Lyftのジョン・ジマー社長

 Lyftによると、配車回数が10月に5億回を超えたという。Lyftに対しては、2015年に楽天が今年6月に英Jaguar Land Roverがそれぞれ出資している。

 CapitalGのポートフォリオには、SnapやStripe、Airbnb、Glassdoorなどがある。AlphabetにはITに特化したベンチャーファンドGV(旧Google Ventures)もあり、こちらはLyftの競合である米Uberに出資している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.