ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2017年11月24日 18時58分 公開

実物大プラレール、本物の線路上に出現

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」とJR四国の観光電車「鉄道ホビートレイン」がコラボ。実際の線路の上にプラレールを再現した。

[ITmedia]

 タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」とJR四国の観光電車「鉄道ホビートレイン」がコラボレーションし、実際の線路の上にプラレールを再現した。11月23日には愛媛県西条市の伊予西条駅で“実物大プラレール”が公開され、約2200人が会場を訪れた。

実物大プラレールとなった鉄道ホビートレイン(奥)と、12月に発売されるプラレールの鉄道ホビートレイン(手前)
正面から見たところ

 鉄道ホビートレインは、初代新幹線0系をイメージした観光列車だ。車内には実際に0系新幹線で使われていたシートを設置し、多数の鉄道模型を展示するなどして観光客の人気を集めている。2017年3月からプラレールとのコラボレーションを実施。車体にプラレールのロゴ、車内にはプラレール車両35点を展示している。

イベントの様子。約2200人が訪れた

 今回のイベントでは、本物のレールを使ってプラレールの代名詞にもなっている青い大きなレールを再現。「本物の線路に実物大のプラレールが再現されることは、プラレールの58年の歴史の中でも初めて」(タカラトミー)。タカラトミーは、プラレールロゴの入った鉄道ホビートレインをプラレールとして12月に商品化する予定だ。

本当のプラレールになった“プラレール仕様の鉄道ホビートレイン”

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.