ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2017年11月27日 15時23分 公開

Gunosy、“釣り記事”見分けるアルゴリズム開発へ

Gunosyは豊橋技術科学大学の吉田光男助教と共に、“釣り記事”を特定するための新たなアルゴリズムを開発する。

[太田智美,ITmedia]

 Gunosyは11月27日、同社のキュレーションサービス「Gunosy」での“釣り記事”対策として、Webコンテンツの需要を計測・予測するアルゴリズムを開発する共同研究を豊橋技術科学大学と開始したと発表した。


Gunosy

 研究の目的は、記事のタイトルを過剰にすることでユーザーのクリック数(記事へのアクセス数)増を狙う“釣り記事”を特定すること。同社はこれまでクリックを主なユーザー行動データとして扱い、各媒体の記事を評価・配信してきた。しかし、それだけで“釣り記事”を特定するのは難しいとして、SNSを始めとしたWeb上のデータと組み合わせ、コンテンツの需要の計測・予測をより正確に行うアルゴリズムを開発するという。

 豊橋技術科学大学の吉田光男助教は、Web上の話題性と実社会との関連性を分析している。

 「クリック以外の指標を獲得し、“釣り記事”を特定していきたい」(同社)

太田智美

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.