ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2017年12月07日 09時15分 公開

Apple、KRACKの脆弱性に対処 「iOS 11.2」などのセキュリティ情報を公開

「iOS 11.2」「watchOS 4.2」「tvOS 11.2」では、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性などが修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは、12月2日付でリリースした「iOS 11.2」のセキュリティ情報を公開し、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性などを修正したことを明らかにした。

 KRACKの脆弱性は、同時に公開されたApple Watch向けの「watchOS 4.2」、Apple TV向けの「tvOS 11.2」でも修正されている。

photo 「iOS 11.2」のセキュリティ情報を公開し、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性などを修正した

 KRACKはWi-Fiに使われている暗号化技術「WPA2」に関する脆弱性で、悪用されればWi-Fiの圏内にいる攻撃者に、暗号化されているはずの情報を読み取られる可能性が指摘されていた。

 今回のアップデートでは他にも、iOSとwatchOS、tvOSに共通するカーネルやIOSurfaceなどの脆弱性が多数修正された。悪用された場合、アプリケーションが任意のコードを実行できてしまうなど、深刻な脆弱性が多数を占めている。

関連キーワード

脆弱性 | iOS | Apple | iOS 11 | セキュリティ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.