ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iOS 11」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iOS 11」に関する情報が集まったページです。

バッテリー内蔵のスマートスピーカー「Sonos Move」、4万6800円で3月6日発売
Sonos Japanは、バッテリーを内蔵したスマートスピーカー「Sonos Move」の先行販売を3月6日に開始する。IP56規格の防水・防塵(じん)をサポートする。50を超えるストリーミングサービス、Google アシスタント、Amazon Alexa、AirPlay2にも対応する。(2020/2/27)

ドコモの「ワンナンバーフォン」がiPhoneに対応
NTTドコモが、「ワンナンバーサービス」に対応する「ワンナンバーフォン ON 01」のソフトウェアアップデートを実施した。アップデートにより、iPhoneと連携可能になる。対応機種はiOS 11以上の端末。(2020/1/30)

スマホやIoT電池で安否確認――ソフトバンクが「みまもりサービス」開始 キャリアフリーで月額無料から
ソフトバンクが、スマートフォンを使ったキャリアフリーの見守りサービスの提供を開始。一部機能が制限される無料版も用意している。(2019/12/10)

PR:新登場! AIを備えて快適なWi-Fi環境を実現 「J:COMメッシュWi-Fi」
自宅でWi-Fiを使っていると、場所や時間によって「何だか電波が不安定」「速度が出ない」という経験はないだろうか。そこでオススメしたいのが、ジュピターテレコムが提供する「J:COMメッシュWi-Fi」だ。広い帯域に対応し、さらにWi-Fiの状況をAIが分析して効果的なバンド(周波数)とチャンネルに自動で切り替える。家中で快適にWi-Fi通信ができるようになるのだ。(2019/11/21)

医療アプリケーションやベンダーに課題
患者の不安だけではない 「医療API」が普及しない残念な理由
米政府では医療APIによる、システム間での医療情報の連携を進めているが、普及率は低い。医療API利用の問題点と、普及率が低い理由について、専門家の意見と医療機関を対象にした調査の結果から説明する。(2019/11/13)

フルHD撮影できる重量12gのコンパクトなウェアラブルビデオカメラ「OPKIX ONE」発売
ライテックが、わずか12gのウェアラブルビデオカメラを発売。フルHDでの撮影や防水・防塵に対応し、専用アクセサリと一緒に使用すればハンズフリーや多彩なアングルで撮影できる。デバイスへシームレスに転送する専用アプリも提供する。(2019/11/11)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
フルリニューアルしたiOS 13の「写真」アプリは、「見る」「いじる」が超強力に
iOS 13にアップデートして驚いたのが「写真」アプリ。写真アプリの仕事って、見る→いじる→見せるの3つに集約できるが、「見る」と「いじる」のとこが大きく変わったのだ。(2019/11/11)

Google Chrome完全ガイド:
【ログイン・同期不要】表示中のWebページをQRコードでスマホに転送
QRコードを利用して、いま開いているWebページのURLをPCからスマホへ素早く送る方法を紹介します。GoogleアカウントのログインやChromeの同期は不要です。(2019/10/23)

「うたわれるもの」シリーズ3部作がスマホアプリで無料配信へ スマホ向けに全編ADV化
最高か。(2019/10/19)

ドコモの「my daiz」、地図を見なくても移動できる音声ナビ機能を提供
NTTドコモは、AIエージェントサービス「my daiz」で移動中に見える建物などの目印に沿って音声案内する機能を2020年3月から提供予定。スマホの画面上の地図を見ることなく目的地に到着できる。(2019/10/11)

Apple、Amazon、Microsoftのハードウェア戦略を俯瞰する
3社の発表イベントを全て取材した筆者が、プラットフォーマーのハード戦略を分析。(2019/10/11)

iPhone向け「TONE SIM」がアップデート 「あんしんAI」に完全対応
トーンモバイルのiPhone向けSIMカード「TONE SIM(for iPhone)」が、10月下旬から順次機能バージョンアップを実施する。これにより、同社が販売するAndroidスマートフォンとおおむね同じ機能が実現される。(2019/9/30)

巨大化ポケモンを写真に合成! Webコンテンツ「Pokemon ダイマックスカメラ」ゲームに先駆けて提供
スマホのブラウザで楽しめるコンテンツです。(2019/9/20)

iPhoneユーザー必見! Appleの新製品をARで確認する方法
Appleが発表した「iPhone 11 Pro」「Apple Watch Series 5」「iPad(第7世代)」をAR(拡張現実)で確認できる方法がある。手元にAR Kit 2対応のiPhoneかiPadを用意して、製品のWebサイトにアクセスするだけでOKだ。(2019/9/11)

Polaroid Original、スマホの画面をフィルムにプリントする「Polaroid Lab」を130ドルで10月発売
スマートフォンの画面に表示した写真をポラロイドフィルムにプリントできるガジェット「Polaroid Lab」が10月10日に130ドルで発売される。(2019/9/11)

画面を見ずに音声で操作する「LINEカーナビ」、LINEの送信や家電操作にも対応
LINEは音声で操作できるカーナビアプリ「LINEカーナビ」の提供を開始した。トヨタ自動車のカーナビゲーションエンジンと、LINEの日本語音声認識、音声合成技術を活用した。(2019/9/6)

キングジム、スマホアプリから印刷できる「テプラ Lite LR30」を発売
キングジムが、スマホアプリから操作ができる手のひらサイズのラベルプリンター「テプラ Lite LR30」を8月20日に発売する。Bluetooth経由で接続し、スマホアプリでラベルのテンプレートを選べる。(2019/8/7)

置くだけバックアップの「iXpandワイヤレスチャージャー」、スマホの容量不足解消にも
ウエスタンデジタルが発売した「iXpandワイヤレスチャージャー」は、大容量SSDを内蔵したワイヤレス充電器。スマートフォンのストレージ容量不足の解消にも有効という。詳細を担当者に聞いた。(2019/7/26)

ワイヤレス充電+データの自動バックアップ――サンディスクの「iXpandワイヤレスチャージャー」、auとソフトバンク経由で発売
ウエスタンデジタルが、Qi規格に準拠したワイヤレスチャージャーとデータバックアップストレージをまとめたデバイスを発売。auショップ、ソフトバンクショップと、auおよびソフトバンクのオンラインショップで販売する。(2019/7/26)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
ワイヤレス充電器の選び方 4つのタイプ別に紹介
ワイヤレス充電にすれば、コードを接続する手間が省ける。代表的な規格である「Qi(チー)」に対応したスマホが増えた。一口にワイヤレス充電といっても、対応する充電器はさまざまな種類がある。今回は、Qi対応のワイヤレス充電器をタイプ別に紹介する。(2019/7/10)

製造業IoT:
スキンケアをIoT化する資生堂、1週間後の不調を予期した手入れに
資生堂は2019年7月1日、東京都内で会見を開き、IoT(モノのインターネット)スキンケアサービス「Optune(オプチューン)」の提供を同日から開始すると発表した。スマートフォンアプリで収集した肌の状態や睡眠の質を基に、一人一人のその日の肌の状態に合わせたスキンケアを実現する。同サービスのスキンケア用品は使用状況に合わせて使い切る前に注文、発送することができる。利用料金は毎月定額で1万円となる。(2019/7/2)

無料のiOS動画編集アプリ「iMovie」がグリーンバックに対応
Appleは、新しいグリーン・スクリーン・エフェクトなどを追加した「iMovie 2.2.7」を配布開始した。(2019/6/12)

石野純也のMobile Eye:
iOSから独立した「iPadOS」が生まれた理由、「watchOS 6」「iOS 13」の進化点を読み解く
「WWDC 2019」全体に通じるキーワードは「独立」かもしれない。それを最も象徴しているのが、タブレット用OSとしてiOSとは切り離して開発された「iPadOS」だ。「watchOS 6」も単独でできることが増えており、iOSへの依存が下がりそうだ。(2019/6/5)

耳に触れるだけで通話できる指輪型デバイス「ORII」発売 2万3800円
GlotureはECサイトで人差し指を耳元に当てればスマートフォンで通話できる指輪型デバイス「ORII」を発売した。iOSやAndroidと連携でき、音声操作や通知のカスタマイズができる。価格は2万3800円(税別)。(2019/6/4)

「MIFES」のメガソフト、iOS用高機能テキストエディタ「LiquidLogic」発表
LiquidLogicは、iPhoneで原稿を書くとき、常に難題だった「全角スペース入力問題」が解決されている。(2019/5/29)

ドコモが「FACE LOG」を提供開始 スマホカメラで肌の状態を解析
NTTドコモがソニーネットワークコミュニケーションズと共同で、スマートフォンのカメラで顔を撮影するだけで肌の状態を解析できる健康支援サービスを開発。「肌年齢」「しみ」「しわ」「くま」「毛穴」「肌の色み」の6項目の状態を確認でき、レポートや肌への効果が期待できる生活習慣も提案する。まずはiPhone版からスタートし、秋にはAndroid版の提供を予定している。(2019/5/16)

ワイヤレス充電しながら自動バックアップ サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー
ウエスタンデジタルコーポレーションは、7月下旬以降に「サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー」を発売。256GBの内蔵メモリーを搭載し、最大10Wのワイヤレス充電を行いながら写真などのデータを自動的にバックアップできる。(2019/5/13)

置くだけで写真をバックアップできるワイヤレス充電器 WDが7月発売
ウエスタンデジタルが、スマートフォンを置くだけで写真をバックアップできるスマートフォン向けワイヤレス充電器「サンディスクiXpandワイヤレスチャージャー」を発表した。(2019/5/13)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
iPhoneのバッテリーを節約する10の方法
スマートフォンのバッテリー持ちは、設定によって変わる。iPhoneのバッテリーを少しでも長く持たせるために活用したい10個の基本設定をご紹介。「バイルバッテリーはないけれど、あと30分だけ持たせたい」といったピンチに役立ててほしい。(2019/5/2)

「統合エンドポイント管理」(UEM)早分かりガイド【前編】
ベンダーがひしめく「統合エンドポイント管理」(UEM)市場、主要11社を紹介
統合エンドポイント管理(UEM)は、比較的新しい製品分野だ。本稿では、主要UEMベンダー5社と各社が提供するUEM製品、加えて他の注目すべきUEMベンダー6社を紹介する。(2019/5/1)

スマホからサイズ調整できるシューズ「ナイキ アダプトBB」発売 3万5000円
ナイキは、スマートフォンアプリと連動するバスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」を発売する。アプリを使うことでユーザーの足のサイズに合わせて調節できる。無料アプリはiPhoneとAndroid両方に対応し、シューズの本体価格は3万5000円(税別)。【訂正】(2019/4/5)

iOS 12.2の新機能と変更点を徹底解説
MACお宝鑑定団の解説記事をITmedia NEWSのためにまとめた。(2019/3/29)

App Town ユーティリティ:
危険なメールを自動判断する「SMS詐欺ブロッカー」登場 12月31日まで無料
BBソフトサービスが「SMS詐欺ブロッカー by 詐欺ウォール」をリリースした。SMS/MMSを複合的に解析して詐欺の危険性を自動的に判断する。対応OSはiOS 11以上で、2019年12月31日まではアプリを無料で提供する。(2019/3/28)

スマホ画面に発話内容を文字で表示する「みえる電話」 ドコモが3月1日提供開始
NTTドコモは、3月1日から耳の聞こえにくいユーザーに向けたサービス「みえる電話」を提供開始。NTTドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行い、スマートフォン画面上へリアルタイムに文字を表示する。利用者はアプリをダウンロードするだけで使うことができ、通話相手はアプリなどの準備をする必要がない。(2019/2/21)

CloseBox:
スクリーンショットのすべて(iPhone、iPad、Apple Watch編)
iOSデバイスでスクリーンショットを撮る方法について解説する。(2019/2/15)

「ラブプラス EVERY」iOSでクローズドテスト実施決定 約1年の延長を経て選ばれしカレシにのみ姿を現す
クローズドテストの内容をSNSサービスやWebサイトなどで一般に開示することは禁止。(2019/2/6)

iPhoneのバッテリーを特別価格の3200円で交換したらどうなった?
Appleが2018年12月31日まで実施していた「特別有償バッテリー交換プログラム」だが、駆け込み需要が殺到するなどで話題を集めていた。その騒ぎに気軽に参戦した筆者のいきさつをお届けしよう。(2019/1/31)

iPhone Tips:
iPhone SEやXRでも使える 文字入力でカーソルを移動する方法
iPhoneの文字入力でカーソルを移動するには、iOS 11までは3D Touchに対応している必要がありました。しかしiOS 12からは、3D Touch非対応の機種でもカーソル移動ができます。その方法を紹介します。(2019/1/20)

iOS 11からiOS 12で何が変わったのか
iOS 12のユーザー認証はOAuthでどのように簡素化されたのか
OAuthはiOS 12でどのように使えるようになったのか、ユーザー認証の仕組みはどうなっているのか、また懸念すべき点は何か。本稿ではこれらについて解説する。(2019/1/19)

iOSマップでFlyover強化 彦根城上空3Dツアーも
Apple、iOSのマップで「Flyover」表示可能な場所として19カ所を追加、彦根市はFlyoverツアー対応。(2019/1/10)

Apple、iOS 13、macOS 10.15の開発を本格化
MACお宝鑑定団へのアクセス記録から新バージョンが判明。(2019/1/4)

「RIZIN.14」をVRならではの臨場感と迫力で! 360度パノラマ動画アプリで観戦――フジテレビとソフトバンクが2019年1月11日から配信
フジテレビとソフトバンクは、2018年12月31日に行われる総合格闘技大会「RIZIN.14」のVR映像を2019年1月11日から配信する。試合会場内4カ所から撮影した迫力あるVR映像を、360度パノラマ動画に対応するパノラマVRアプリで楽しめる。観戦チケットとVRゴーグルのセットも販売する。(2018/12/25)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)

新入社員のモバイルデバイスを登録するときに
QRコード登録がiPhone、Androidのモバイルデバイス管理ツールで人気のワケ
QRコードを使ってデバイスをモバイルデバイス管理(MDM)に登録する方法は、ベンダーによるサポートも広がり、利用しやすくなってきた。このプロセスにはワークフローの簡素化や利便性などの利点がある。(2018/12/24)

相手のスマホを狙い撃ち ARシューティングゲーム「ペチャバト」登場
アプリ開発などを行うGraffity(東京都渋谷区)が、AR(拡張現実)を使ったシューティングゲームアプリ「ペチャバト」の正式提供を始めた。(2018/12/12)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
より便利に進化! 「iOS 12」の写真アプリをチェック
最新の「iOS 12」のカメラアプリは、iOS 11から大きな変化はない。しかし、撮った写真を見る写真アプリはより便利に進化している。チェックしてみよう。(2018/11/20)

iOSのマップ、日本でも車線案内が利用可能に
カーナビでは本来必須機能だったがこれまで実装されていなかった。(2018/11/14)

医療用APIが普及すれば実現できること
命を守り、費用と時間を節約する「診療診断支援機能」(CDSS)の可能性
オープンソース技術や医療用APIがあれば、医療ITは飛躍的な進歩を遂げるだろう。ある医学博士は「後はただ前進するだけだ」と考えている。同氏は医療用APIの普及がもたらす可能性の一つとして、診療診断支援機能(CDSS)の進化を挙げる。(2018/11/13)

電子カルテと処方薬データベースの有効活用
米国を揺るがすオピオイド過剰摂取問題、医療ITは歯止めをかけられるか
麻薬性鎮痛薬オピオイドの過剰摂取による死亡者急増が、米国で深刻な社会問題となっている。各州では解決に向けて、データ分析を活用し、電子カルテ(EHR)と処方薬モニタリングプログラム(PDMP)の統合を強化しようとしている。(2018/11/6)

医療業界はクラウド利用に期待と懐疑の目
医療の標準規格「FHIR」普及に向けAmazon、Microsoft、Googleなど大手6社が共同声明
Amazon、Microsoft、Google、IBM、Oracle、Salesforce.comという大手テクノロジー企業6社が、医療情報の相互運用性の取り組みを支援する共同声明を発表した。これは相互運用性を確立する後押しになるかもしれないが、全く役に立たない可能性もある。(2018/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。