ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スマートスピーカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートスピーカー」に関する情報が集まったページです。

コールセンターや音声鑑定などに応用:
「5秒」の音声で本人確認、認識精度は95% 2020年に実用化へ――NEC、声認証の新技術
NECが5秒程度の音声から個人を認識できる声認証技術を開発。特定フレーズの読み上げではなく、自然な会話音声など、任意の言葉で認識できる。雑音にも強く、誤認識率は約5%という。(2019/2/21)

予備知識ゼロから始まった開発:
「目指すは家全体のスマート化」、“IoT建材”で凸版印刷が狙っていること
建材のIoT化で、建材ビジネスを新たなステージに導こうとしている凸版印刷。電子機器という未知の領域との組み合わせで、どのような価値が生まれようとしているのだろうか。(2019/2/21)

2万9000機器のリモコンを1台で代替 スマホで制御できる学習リモコン「エッグ」がキングジムから
帰宅時に照明を自動で点けるといった、高度な制御も。(2019/2/20)

世界スマスピ&スマートディスプレイ出荷調査、GoogleがAmazonとの差を縮める
Strategy Analyticsによると、2018年10〜12月に世界で出荷されたスマートスピーカーおよびスマートディスプレイは3850万台で、2017年通年より多かった。Google Home Miniが好調のGoogleが首位のAmazonとの差を前期より4ポイント縮めた。(2019/2/20)

「もう床掃除を気にする必要はない」 家の間取りを覚える「ルンバi7+」発売 自動ゴミ収集機も
アイロボットジャパンが新しいフラグシップモデル「ルンバi7+」を発表した。家の間取りを記憶して掃除効率を上げたほか、ゴミ捨ても半自動化。「もう床掃除を気にする必要はない」という。(2019/2/19)

抽選で1名さまに:
10インチ画面付きスマートスピーカー、Amazon Echo Showを差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、Amazon Echo Showを差し上げます。(2019/2/19)

ビデオ会議は「ハドルルーム」で
「未来の会議室」はAIでどう進化するか
生産性を高め、コラボレーションを強化するため、AIが会議室に入り込んでいる。従業員のコラボレーションニーズに対処するためAIサービスが取り得る方向性は4つある。(2019/2/19)

「二次元と 筋肉だけは 裏切らない」 毎年恒例の「オタク川柳」第14回の投票受付がスタート
最終選考突破の“濃い”20句が公開中です。(2019/2/18)

家中のリモコンをスマホにまとめる卵形デバイス「エッグ」 Makuakeに登場
キングジムが、さまざまな家電をスマートフォンで操作できるようにする卵形デバイス「エッグ」の受注をクラウドファンディングサイト「Makuake」で始めた。(2019/2/18)

スマートスピーカー、普及してる? してない? 実態は…… 電通デジタル調べ
電通デジタルは、日本国内でのスマートスピーカーの利用実態調査の結果を発表した。(2019/2/18)

普及のネックは体験と機能:
普及率6%のスマートスピーカー 有料でも欲しい機能は?
電通デジタルの調査によるとスマートスピーカーの普及率は6%。Google HomeやAmazon Echoがよく利用されている。利用用途の中心は音楽だが、今後は、気分や感情を読み取ったサービスに期待が寄せられている。(2019/2/18)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCの最新モデルに触って分かった2つのこと
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/18)

Googleさん:
「iPhone SE」後継が出ないなら「Google Pixel 3 Lite」はどう?
Googleが、Appleの「iPhone XR」より安いPixelファミリーのエントリーモデルを出すといううわさが真実味を帯びてきました。Appleがもう「iPhone SE」の後継機を出さないのであれば、SE難民の受け入れ先になるかも?(2019/2/17)

Apple、音声アプリ開発企業「Pullstring」を買収
元Pixar幹部らが立ち上げた音声ベンチャーをAppleが手に入れた。(2019/2/17)

ITはみ出しコラム:
AmazonのメッシュWi-Fiルーター「eero」買収が意味すること
AmazonがメッシュWi-Fiルーターのメーカーであるeeroを買収しました。この買収でAmazon Echoとスマート製品の連携がよりスムーズになることが期待できる一方、データの扱いについては気になるところもあります。(2019/2/17)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Alexa環境音スキルのススメ 音と映像で休日もリラックス
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は画面付きEchoでの利用を前提に作られた、映像つきの環境音スキルを試してみた。(2019/2/17)

声で操作するBDレコーダー、シャープが発売 Googleアシスタントで番組探し
シャープは、スマートスピーカーを使って音声操作が行えるBlu-ray Discレコーダー「2Bシリーズ」7機種を発表した。番組名やキーワードを入力する手間が省けるという。(2019/2/15)

Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
Googleが、2016年にIoTデバイス向け新OSとして発表した「Android Things」のサポート範囲を縮小し、スマートスピーカーとスマートディスプレイ向けOSにリフォーカスすると発表した。NXP、Qualcomm、MediaTekのボードのサポートを終了する。(2019/2/13)

Amazon、Wi-Fiメッシュルータのeero買収
Amazonが、Wi-Fiメッシュルータの新興企業eeroを買収する。eeroのルータにより、EchoやRingの製品を従来より手軽にネットワークに接続できるようユーザーを支援するのが目的としている。(2019/2/12)

セキュアなWi-Fi接続も簡単:
PR:あれもこれもできる! 高性能IoT端末向けマイコン「PSoC 6」に2MBフラッシュ品が登場
サイプレス セミコンダクタはこのほど、Wi-Fiなどの無線通信に対応するIoT機器に向けたマイクロコントローラ「PSoC 6 MCU」の製品ポートフォリオを拡大し、2Mバイト容量のフラッシュメモリ、1MバイトのRAMを搭載し、IoT機器でより高度な処理が行えるよう機能強化した新製品を投入した。これにより、Wi-Fi対応のスマート家電やスマートスピーカーなどインテリジェントなIoT機器の主要機能をPSoC 6 MCU 1チップで担えるようになった。(2019/2/12)

Googleさん:
言い間違いも直してくれるGoogleの「音声文字変換」、かなり使える
Googleが早期アクセス版として公開した音声をリアルタイムで字幕にして表示する「音声文字変換」アプリを使ってみました。多少滑舌が悪くても意味が通るよう解釈してくれ、書籍タイトルなどもばっちり正しく表示してくれます。(2019/2/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoのライバル? 環境音を再生する専用デバイスを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は環境音を再生できるスピーカー一体型の専用デバイスが、Alexaの環境音スキルとどのような違いがあるかを調べてみた。(2019/2/8)

スマートLED電球「Philips Hue」にエントリーモデル 「普通のLED電球と変わらない価格水準」
シグニファイジャパンがスマートLED電球「Philips Hue 」のエントリーモデル「Philips Hue ホワイト」を発表した。価格は1個2380円(税別)。(2019/2/6)

Google Homeの通訳機能、日本でも利用可能に
Google Homeやスマートディスプレイで、日本語を含む26カ国語の通訳機能が使えるようになった。例えば日英通訳では、日本語を言うと英語に、英語を言うと日本語に翻訳して音声出力する。(2019/2/6)

IoT照明:
SNSの投稿でLED照明を演出?Webとリンクした「IoT照明コントローラー」を岩崎電気が発売
岩崎電気は、インターネットを経由して照明を制御できる屋内用のIoT照明コントローラー「Link-Core(リンクコア)」を発売した。(2019/2/6)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマート加湿器とスマートスピーカーの相性を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカーからの操作にも対応したTaoTronicsの超音波加湿器「TT-AH023」を紹介する。(2019/2/6)

PR:未経験からAI人材に! 初心者が3週間で使いこなした 「ディープラーニング開発ツール」の正体
(2019/2/1)

ITはみ出しコラム:
「iPhone伸び悩み」のなぜ ティム・クックCEOが語る
米Appleの第1四半期(2018年10〜12月)決算は、2年3カ月ぶりの減収減益。原因となる「iPhoneの伸び悩み」について、ティム・クックCEOが説明しました。(2019/2/3)

2019年PC春モデルのトレンドを考察 「ノートPCの地味ながら着実な進歩」とは
PCメーカー各社の2019年春モデルがほぼ出そろった。モバイルノートPCのトレンド?(2019/2/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
加湿機能の実力は? スマートスピーカーで操作できるアロマディフューザーを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は+Styleが販売している「スマートアロマミストポッド」を試してみた。(2019/2/1)

MA2018ヒーロー任命式レポート:
出でよ! ものづくりの「ヒーロー」たち!――新体制で生まれ変わったMashup Awardsを象徴する11作品
2018年から、開発コンテスト「Mashup Awards(MA)」とMAの「決勝戦」がメインとなっていた年末の一大イベント「FESTA」が生まれ変わった。本稿では、その概要と、プレゼンテーションが行われた11作品を紹介する。(2019/2/1)

Alexa対応イヤフォン、ブレイクのヒントは“屋内”?
声で操作するAIアシスタントを外出先で使うことは気恥ずかしい場合もある。では家の中では? Amazon Alexaに対応したJabraのワイヤレスイヤフォンを例に便利な使い方を紹介しよう。(2019/1/31)

PR:「AIでなんとかしてよ」──企業上層部からの丸投げ、困惑する現場 誰に相談すればいいの?
(2019/1/31)

暖房オン→オレンジの光が出て暖かそう! エアコンをプロジェクターでCM風に演出する天才あらわる
その手があったか……。(2019/1/30)

「ハッタリだけでボロ儲け」 “恥ずかしい写真”で恐喝、セクストーションスパムの手口
裸など性的な画像をばらまくと脅し、金銭をだまし取ろうとするスパムメールが日本でも広がっている。専門家によれば「『ハッタリ』をきかせるだけでボロもうけする手口」が登場しているという。(2019/1/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoと連携可能なタスク管理ツール「Any.do」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は「Amazon Echo」のリスト機能を拡張できるタスク管理ツール「Any.do」を試してみた。(2019/1/29)

競合と共存 CESで見た「プラットフォーム戦争」最新局面
Google、Apple、Amazonといったプラットフォーマー同士の競争は一段と過熱化している。しかし、彼らはただ競り合っているだけではないのだ。レイヤー化した局面を西田宗千佳さんが解説。(2019/1/28)

ソニーのWH-1000XM3で挑戦:
AlexaかGoogleかSiriか、英語か日本語か それが問題だ
ソニーのワイヤレスヘッドフォン「WH-1000XM」シリーズが、ファームウェアアップデートでAmazonの音声アシスタント「Alexa」をサポートしました。その導入方法や使い勝手を見ていきましょう。(2019/1/26)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Echo Plusが外部スピーカーになる音声入力機能を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は第2世代「Echo Plus」にのみ搭載されている、オーディオケーブルを使った外部デバイスからの音声入力機能を試してみた。(2019/1/25)

NXP Immersiv3D:
Dolby Atmos、DTS:X対応オーディオソリューション
NXP Semiconductorsは、Arm Cortex-A53上でDolby Atmos(ドルビーアトモス)とDTS:Xをサポートする、スマートホーム市場向けのオーディオソリューション「Immersiv3D」を発表した。(2019/1/25)

ボタン1つで野菜室が冷凍庫に 日立アプライアンスのコネクテッド冷蔵庫
日立アプライアンスから、2つの引き出しを冷凍、冷蔵、野菜室から自由に設定できる冷蔵庫が登場。無線LANを内蔵し、スマートフォンと連携するコネクテッド家電でもある。(2019/1/24)

Appleが「iOS 12.1.3」の配信を開始 「メッセージ」や「CarPlay」に関する不具合を修正
Appleが、「iOS 12」のアップデートの配信を開始。「メッセージ」や「CarPlay」などで発生していた不具合を修正する。(2019/1/23)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「Amazonの戦略から見えてくるデジタルトランスフォーメーションの本質」
顧客第一主義に基づき、さまざまなサービスを編み出し、ネットでもリアルでも顧客接点を拡充し続けるAmazon。その戦略をひもとき、これからの時代に必要なデジタルトランスフォーメーションの本質を押さえておきましょう。(2019/1/23)

テレパシーも実現できる? AIで急加速する「ブレインテック」の世界
世界中で研究が進んでいる「ブレインテック」。最先端の脳研究と最新テクノロジーが結び付くことで、われわれの生活はどのように変化していくのだろうか。(2019/1/23)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
内蔵カメラを物理的に隠すためのカバーを試す(第2世代Echo Show編)
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はAmazon「Echo Show」のカメラを隠すカバーを探してみた。(2019/1/22)

ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはどのようなものだろうか。(2019/1/21)

AIアシスタントはスマスピより自動車で使われている──米Voicebot調べ
Voicebotの調査によると、AI音声アシスタントは、米国ではスマートスピーカーでよりも車内での方が使われており、車内での用途で最も多いのは電話をかけること、次は道案内だった。(2019/1/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
毎回の「アレクサ」が不要に 複数の音声コマンドを連続認識できる「会話継続モード」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、日本版でもついに実装されたAmazon Echoの「会話継続モード」を試してみた。(2019/1/16)

HomePod、中国で1月18日販売開始
中国で発売されるHomePod。日本ではいつになるのか。(2019/1/15)

Google、「Chromecast Audio」販売終了へ
Googleが、手持ちのスピーカーをスマートフォンやスマートスピーカーとWi-Fi接続して音声をキャストする端末「Chomecast Audio」(4980円)の製造を終了し、在庫がなくなり次第販売も終了する。(2019/1/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。