ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年12月07日 18時44分 公開

人型をぬるぬる動かせる「ピクトグラミング」 青学准教授が公開

ピクトグラムの人型を、自由にポージングさせたりアニメーションにできたりするサイトを、青山学院大学の伊藤一成准教授が公開した。

[井上輝一,ITmedia]

 緑色の「非常口マーク」や、たばこに斜めの赤い線を引いた「禁煙マーク」など、絵で概念を分かりやすく示す「ピクトグラム」。そんなピクトグラムの人型を、自由にポージングさせたりアニメーションにできたりするサイトを、青山学院大学の伊藤一成准教授が12月7日に公開した。

ピクトグラムの人型を、自由にポージングさせたりアニメーションにできたりする「ピクトグラミング」

 サイトの名前は「ピクトグラミング」。人型ピクトグラムをプログラミングできるという意味で、独自の命令セットを記述することで人型を自由に動かせる。マウスで各パーツをドラッグして動かすこともできる。

 高校での50分×8回分の授業を想定したテキストも同サイトで公開し、教育現場での活用を見込んでいる。

授業利用を想定して公開したテキスト

 伊藤准教授は、「人間がメタ的・直観的に自身の活動を振り返りながら、われわれの化身として人間中心の学習環境を設計・構築していく手助けをしてくれるはず」とピクトグラミングに思いを込めた。

ピクトグラミングで記者が作成したピクトグラム(題:「笹食ってる場合じゃねえ」)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.