ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年12月18日 08時29分 公開

「iTunes」のUWPアプリ、年内はMicrosoft Storeに登場せず

5月に年内公開とされていたUWP版「iTunes」アプリは年内にはMicrosoft Storeに登場しないと、米ZDNetがAppleからのコメントを添えて報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftが5月の「Build 2017」で予告した米Appleの「iTunes」アプリの年内のMicrosoft Store(当時はWindows Store)での公開はなくなった──。米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏が12月15日(現地時間)、Appleのコメントを添えてそう報じた。

 Appleはフォリー氏に対し「完全なiTunes体験をユーザーに届けるためにMicrosoftと取り組んできたが、もう少し時間が必要だ」と語ったという。

 Windows 10ではWebアプリ版のiTunesを利用できるが、軽量OSの「Windows 10 S」はMicrosoft Storeで提供するUWP(Universal Windows Platform)アプリしか使えない。

 これを受け、Build 2017ではiTunesの他、「SAP Digital Boardroom」「Ubuntu」「SUSE」のアプリもリリースすると発表された。iTune以外のアプリは既に公開されている。

 itunes

 フォリー氏によると、iTunesアプリ開発計画自体はまだあるが、具体的にいつごろの公開になるかについては両社ともコメントしていないという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.