ITmedia NEWS > ベンチャー人 >
ニュース
» 2017年12月27日 14時45分 公開

なんで作った!? すごいけど、発想がナナメ上の“変な”ロボットまとめ (1/2)

2017年に見つけた“変な”ロボットを振り返る。

[太田智美,ITmedia]

 2017年、多くのロボットを取材してきた。Pepperが登場した14年から3年が経ち、“第3次ロボットブーム”は徐々に落ち着きをみせている。ロボット業界を見渡せば、「ロボットは本当に普及するのか」「このままでいいのか」と不安の声も聞こえる。

 一方で、ソフトバンクの米Boston Dynamics買収合意や約10年ぶりの「aibo」復活、日米の巨大ロボット対決「クラタス対MegaBots」開催などといった動きもみられる。

 そんな17年のロボット動向を踏まえ、ここではあえて“変な”ロボットをまとめる。ロボット業界の過渡期である今、これらのロボットたちが何らかの道を切り開いてくれそうな気がするからだ。

ただ「拍手するだけ」のロボット

 始めに紹介したいのが、ロボットや玩具の製品開発会社バイバイワールドが開発した「ビッグクラッピー」(英語名:Big Clapper)。ただ拍手するだけのロボットだ。人感センサーで人を感知し、100種類以上のせりふをしゃべりながら自動で手をたたく。

 このロボットは、バイバイワールドの代表取締役高橋征資氏(「高」は、はしごの高)が学生時代に研究していた「拍手技術」を基礎として開発。周波数特性の比較をし「どうしたら人間らしい温かみのある拍手を再現できるか」などを研究して作ったという。


2017年変なロボット ビッグクラッピー

 米国ネバタ州ラスベガスで開催(18年1月9日〜12日)されるCES 2018にも参加予定。JAPAN TECH projectブースを盛り上げる特別応援枠として採用されている。

関連記事

ただ「拍手するだけ」のロボット発売 拍手研究の集大成

バイバイワールド代表取締役 高橋征資氏の「学生時代の研究」が製品に。



足がクサイと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」の新型 お尻から消臭剤を噴射

 足がクサイと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」の新型「Cleaning Dog はなちゃん」(非売品)が、「2017国際ロボット展」(11月29日〜12月2日、東京ビッグサイト)で初展示された。


2017年変なロボット Cleaning Dog はなちゃん

2017年変なロボット 臭う部分に消臭剤を噴射する

 新型はなちゃんは、においをかぎ「クサイ」と判断すると、片足を上げお尻から消臭剤を噴射する。鼻の先にガスセンサーを搭載し、アミン系、硫黄系の悪臭物質を検知しているという。

 開発したのは、ベンチャー企業のNext Technology(福岡県北九州市)。旧型の気絶するはなちゃんは、購入できる。価格は3万5000円から(カラーや毛の種類によって変動)。

関連記事

“足がクサイ”と気絶、犬型ロボ「はなちゃん」 新型は「お尻から消臭剤」噴射

足が臭うと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」が、2017国際ロボット展に登場。臭うとお尻から消臭剤を噴射する新型も披露された。



仏像ロボット

 はなちゃんと同じく、2017国際ロボット展で展示され話題となった仏像ロボ「黒子ロボット」。このロボットはサーボモーターやリニアモーターの制御を得意とする部品メーカーのマッスル(大阪市中央区)が開発した。


2017年変なロボット 黒子ロボット

 カクカクぬるぬると動き、前に立つと何かまじないをかけられた気分になる。

関連記事

「仏像ロボット」、国際ロボット展で異彩を放つ

国際ロボット展で、仏像ロボ「黒子ロボット」が展示されている。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.