ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2018年01月10日 09時45分 公開

Microsoft、1月の月例更新プログラムを公開 56件の脆弱性を修正

今回の更新プログラムでは計56件の脆弱性が修正された。このうち16件が最大の深刻度である「緊急」に指定されている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは1月9日(日本時間10日)、月例セキュリティ更新プログラムを公開し、WindowsやOfficeに存在する深刻な脆弱性に対処した。

 Microsoftによると、更新プログラムの対象となるのはInternet Explorer(IE)、Edge、Windows、Office/Office Services/Web Apps、SQL Server、ChakraCore、NET Framework、.NET Core、ASP.NET Core、Adobe Flashの各製品。

 セキュリティ企業Trend Micro傘下のZero Day Initiative(ZDI)によれば、今回の更新プログラムでは計56件の脆弱性が修正された。このうち16件が最大の深刻度である「緊急」、38件が「重要」に指定されている。

 Officeの脆弱性のうち1件(CVE-2018-0802)については攻撃の発生が報告されている。また、Office 2016 for Macの脆弱性(CVE-2018-0819)は事前に情報が公開されていたが、攻撃の発生は確認されていないという。

photo 1月の月例更新プログラムで修正された脆弱性の一部(出典:Zero Day Initiative)

関連キーワード

Office | Microsoft | 月例パッチ


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.